「塩ハンバーガー」って何? 本郷の新店『hide mode』で鉄板ステーキみたいな絶品バーガーランチを食べてきた!

「塩ハンバーガー」って何? 本郷の新店『hide mode』で鉄板ステーキみたいな絶品バーガーランチを食べてきた!

 東京文京区・本郷に5月22日、ひっそりとオープンしたお店『ハイド モード』。店名のそばに“塩ハンバーガーと創作フレンチ”と書いてある小さなお店です。ここで誰もが「塩ハンバーガーって何だろう?」って思うハズ。そこでさっそく食べに行き、「塩ハンバーガー」の正体を見てきました。

「塩ハンバーガー」って何? 本郷の新店『hide mode』で鉄板ステーキみたいな絶品バーガーランチを食べてきた!

 開店直後の11時半に伺うと、ランチメニューに「塩ハンバーガーセット」1,000円というのがありました。最近、上陸が続くアメリカのグルメバーガーはバーガーだけでも2,000円くらいするのが当たり前。だから1,000円というのはかなりリーズナブルに感じます。しかも内容を聞くと、じゃがいものグラタン、スープ、デザートまで付く満足セットだそう。ただし限定10食。早めに来て大正解です。

 カウンター席に座ると、キッチンでハンバーガーを作っている様子がよく見えます。こちらでは注文を受けてから、生のビーフパティを鉄板で焼き上げていくようです。

「塩ハンバーガー」って何? 本郷の新店『hide mode』で鉄板ステーキみたいな絶品バーガーランチを食べてきた!

 ジュージューと音を立ててパティが焼ける香りは、まるで鉄板焼きステーキのよう。思わず「何の肉を使ってるんですか?」と聞いてみると、

「牛肉100%でつなぎは使っていないんです。以前、焼肉屋で肉の仕入れもやっていたので、肉にはちょっと自信がありまして。芝浦のセリで国産牛のA5ランクに匹敵する美味しい牛肉を仕入れています。だから塩・胡椒だけで十分美味しいお肉なんですよ」

 こちらの方が店のマスター・大平秀幸(おおひら・ひでゆき)さんでした。パティは表も裏も、表面がカリッとなるくらいまでじっくり焼き上げ、バンズにトッピングと一緒に積み上げて完成です。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2018年6月3日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カレー」のニュース

次に読みたい関連記事「カレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パン」のニュース

次に読みたい関連記事「パン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。