1日に必要な野菜の約半分が無理なく食べられる! 野菜不足を感じたら『タニタカフェ』に駆け込もう

1日に必要な野菜の約半分が無理なく食べられる! 野菜不足を感じたら『タニタカフェ』に駆け込もう

 日々の食事を振り返ってみて、「野菜が足りない」と感じることはありませんか? 成人が1日に必要な野菜の摂取量は約350グラム。よほど意識した食生活をしていない限り、多くの人が野菜不足に陥っているのが現状です。

 手軽に野菜をたくさん食べたい時の救世主となりそうなのが、有楽町にオープンした『タニタカフェ有楽町店』。タニタといえば、健康を意識した社員食堂が話題になり、2012年には社員食堂のコンセプトを再現したメニューが食べられる『丸の内タニタ食堂』がオープンしていますが、このタニタカフェは食堂とは少し異なる業態の飲食店なのです。

楽しみながら健康になれるメニューが充実

1日に必要な野菜の約半分が無理なく食べられる! 野菜不足を感じたら『タニタカフェ』に駆け込もう

 タニタカフェが目指すのは「こころの健康づくり」。健康にいい食事と聞くと、カラダに良くてもおいしさは二の次になっているような印象がありますが、このタニタカフェは“楽しさ”や“心地よさ”が感じられるようなメニューが充実しています。

 同店のメインとなるのが。1日に必要な野菜量の約半分を無理なく食べられる「有機野菜のもち麦サラダボウル」と「和だしのフォー」。カロリーや塩分にとらわれるのではなく、おいしさを重視したメニュー作りがされています。

1日に必要な野菜の約半分が無理なく食べられる! 野菜不足を感じたら『タニタカフェ』に駆け込もう

 サラダボウルは10種類の有機野菜サラダにもち麦と温かいおかずをトッピングした丼スタイルのサラダ。サラダと聞くと量が少ないのではと心配されるかもしれませんが、そこは心配無用。「蒸し鶏とお豆のトマトソースのもち麦サラダボウル」や「ぷりぷり海老豆乳マヨソースのもち麦サラダボウル」、さらには「ローストビーフのもち麦サラダボウル」の3種類が用意されており、もち麦、野菜、おかずでかなり満足感があります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2018年6月21日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バー」のニュース

次に読みたい関連記事「バー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら