テキーラとどう違う? メキシコ生まれの“神秘の酒”「メスカル」が全米で大ヒット中

テキーラとどう違う? メキシコ生まれの“神秘の酒”「メスカル」が全米で大ヒット中

 近年、ハリウッドセレブの間で爆発的な人気を博しているメキシコ生まれのリカー「テキーラ」ですが、テキーラの母と呼ばれる「メスカル」というお酒をご存知でしょうか? 実は、2018年6月18日に、このメスカルの新製品が日本に上陸しました。いったいテキーラとは、どんな違いがあるのかご紹介します。

テキーラとの違いは?

テキーラとどう違う? メキシコ生まれの“神秘の酒”「メスカル」が全米で大ヒット中

 テキーラとは、元々はメキシコ中部ハリスコ州のテキーラ村周辺で作られていた「メスカル」のことを指します。つまり、テキーラというのは、メスカルの一種。メスカルのうち、定められた一部の州で造られたもののみが、テキーラを名乗れるわけです。

 いまや大量生産されているテキーラとは違い、最近のメスカルは、小さな農家で手造りされていることがほとんど。オーガニックでオリジナリティあふれる味わいで、逆にテキーラよりもメスカルのほうが注目されているんです。生産者によって味が全く異なるあたり、スモールバッチのクラフトジンと似ているかもしれませんね。

 カクテル文化が盛んなアメリカでは、特にニューヨークを中心にメスカルが爆発的な人気となり、バーには必ずと言ってよいほどメスカルベースのカクテルがあります。さらには、メスカルの自動販売機まで登場するなど、一大ムーブメントを巻き起こしています。

 気になる飲み方ですが、基本的にはストレートで飲みます。おつまみは、ダークチョコレートとのペアリングがおすすめ。また、カクテルにしてももちろんOK。クランベリージュースやパイナップルジュース、フレッシュライムと相性バツグンで、南国チックなカクテルを味わえますよ! メキシコ生まれの神秘の酒「メスカル」、見かけたらぜひとも試してみたいですね。

●DATA

>>メスカル ブエンスセソ(8,000円)

原材料:アガベ100%、アルコール度数:40%

あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年6月23日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。