味付けは岩塩のみ!『鶏味座』のひな鶏の半身揚げは、もはや芸術品である

味付けは岩塩のみ!『鶏味座』のひな鶏の半身揚げは、もはや芸術品である

ムネ肉がモモ肉みたいにジューシー?朝絞めひな鶏の素揚げが美味しい!

 表参道交差点から外苑前方向に少し歩き、小さな路地に入ると「鶏味座」と書かれた提灯が目にとまります。隠れ家的な雰囲気の漂うこちらが『青山 鶏味座 本店』。東京都の銘柄鶏・東京しゃもや、朝絞め鶏を使った料理や囲炉裏焼きが自慢のお店です。店内は薄暗いのですが、ムーディーでなんとなく大人の雰囲気。今回はこちらの名物「ひな鶏の半身揚げ」(1,580円)をいただくことにしました。

味付けは岩塩のみ!『鶏味座』のひな鶏の半身揚げは、もはや芸術品である

 朝絞めの厳選された国産ひなどりを使ったこの半身揚げ、衣も下味も付けずに揚げる素揚げです。味付けは塩のみとシンプルですが、素材の味を存分に楽しめます。モモ、ムネ、手羽先など、複数の部位がありますが、まずはセオリー通りにムネ肉から。ところがひと口目で「あ、間違えてモモ肉から食べちゃった…」。私としたことがうっかりミス。

 しかし料理長さんが「それ、ムネ肉ですよ」と笑っておっしゃいます。え! ムネ肉がこんなに柔らかくて濃厚な味なの? 驚きましたよ、一瞬モモ肉と思ってしまうほどのジューシーでコクのある味わい。こんなムネ肉は初めてかもしれません。当然、モモ肉も旨み十分で美味しい。

味付けは岩塩のみ!『鶏味座』のひな鶏の半身揚げは、もはや芸術品である

 唯一の味付けである塩は、普通の塩ではありません。少し多めにふりかけられているようですが、嫌なしょっぱさはなし。むしろまろやかで、食欲をそそる味です。聞けば「500万年前の海外の地層から採られた塩です」と料理長さん。なるほど、岩塩ですね。素材をシンプルな調理法で食べるときは、食塩よりも旨みのある岩塩が向いているとはよく言われることですが、確かにぴったりです。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年6月29日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら