これぞとんかつの王様! 千葉・行徳『とんかつほりき』の超肉厚「なた切り」とんかつとは?

これぞとんかつの王様! 千葉・行徳『とんかつほりき』の超肉厚「なた切り」とんかつとは?

 千葉県の市川・行徳エリアで老舗の名店のとんかつ店といえば『とんかつほりき』。1973年(昭和48年)にオープンして以来、45年間地元で愛されている人気店です。粗めのパン粉で表面をカラッと揚げられた肉は、やわらかでジューシー。美味しいとんかつ屋さんを表現すると、すべてこのような表現になっていまいますが、こちら『とんかつほりき』のとんかつは、まさにそれ!

 筆者が初めてこちらを取材したのは10年以上まえのこと。美味しくて思わず微笑んでしまうこちらのとんかつに魅せられて、どこに引っ越してもどこに住んでいても、もう10年以上わざわざこちらのとんかつだけを食べに行徳まで、通っているおすすめの店です。

千葉県、東西線の行徳駅にある名店

これぞとんかつの王様! 千葉・行徳『とんかつほりき』の超肉厚「なた切り」とんかつとは?

 店は東京メトロ地下鉄東西線の行徳駅から徒歩5分にあります。外観には竹が茂り、民芸調の店内は清潔感があり、初めて来ても懐かしさを感じます。都心からのアクセスは少しありますが、ちょっと遠くてもわざわざ行きたい店。俳優の保坂尚希さんも長年通う店としても知られています。

名物はボリューム満点の「なた切り」とんかつ

これぞとんかつの王様! 千葉・行徳『とんかつほりき』の超肉厚「なた切り」とんかつとは?

 どのメニューも美味しい『とんかつほりき』ですが、名物はロースの「なた切り」、ヒレの「丸太」です。どちらもお肉だけで堂々200g。その名前通りのボリュームで、運ばれてくるとその大きさに思わず顔がほころびます。今回は脂がおいしいロースの「なた切り」をオーダー。ぶ厚いとんかつのため、揚げ時間は約15分と長め。中までしっかりと火が通り、やわらかくてとてもジューシー。食べるたびに思うのが、こんなに厚いのにこの絶妙な揚げ加減は素晴らしいと、感心してしまいます。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2018年7月12日のグルメ記事
「これぞとんかつの王様! 千葉・行徳『とんかつほりき』の超肉厚「なた切り」とんかつとは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「とんかつ ほりき」?、行徳には8年住んでたけど知らないと思ったら、線路の反対側か。行徳界隈は「とんかつ とんき」が何店もあってよく行ってたが盲点だったな~「とんき」は店舗縮小したみたいね。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「牛タン」のニュース

次に読みたい関連記事「牛タン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ラーメン」のニュース

次に読みたい関連記事「ラーメン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カレーうどん」のニュース

次に読みたい関連記事「カレーうどん」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。