京都の精肉店が始めた名店『とりなご』の名物“ぼんじりからあげ”が絶品だった!

京都の精肉店が始めた名店『とりなご』の名物“ぼんじりからあげ”が絶品だった!

 京都・福知山に本店を置く鶏料理の名店『とりなご 恵比寿店』は、鳥料理専門の居酒屋。本店がもともとは精肉店だったということもあり、肉のことを知り尽くしたお店と言えます。本店も恵比寿店も、「鴨すき」が看板メニューですが、からあげも絶品。

京都の精肉店が始めた名店『とりなご』の名物“ぼんじりからあげ”が絶品だった!

 今回はこちらで「名物からあげ」(1ピース400円)と「尾唐」(400円)をいただきました。尾唐とは“ぼんじり”のからあげ。鶏の尾骨周辺の肉で、よく串焼きなどで提供されますが、からあげはとても珍しいですね。

 名物からあげは通常、モモ、ムネ、手羽先、手羽元の4部位から1部位がおまかせで提供されますが、いろんな部位を味わいたい欲張りな私は、4ピースお願いしました。20分ほどで揚げたての4部位のからあげが登場です。

京都の精肉店が始めた名店『とりなご』の名物“ぼんじりからあげ”が絶品だった!

 セオリー通りにムネ肉からいただきます。手羽にくっついた、肩に近い希少な部分のムネ肉、びっくりするほどやわらかい! 秘伝のタレに漬けこんだという肉は、あっさりひかえめな味で肉の旨みを邪魔しません。岩手の銘柄鶏「みちのく味わい鶏」を使用しているそうで、心地よい弾力のある歯触りです。モモ肉も肉汁が全体に行きわたっており、どこに歯を入れても肉汁がたっぷりあふれてきます。口の中が“旨み×肉汁”の相乗効果で美味しさが倍加。ザクザクした食感の衣ともよく合います。

京都の精肉店が始めた名店『とりなご』の名物“ぼんじりからあげ”が絶品だった!

 尾唐は実に不思議な食感です。噛むとギュッと潰れるような感触が来たと思いきや、すぐにコリッとした歯ごたえに変わります。初めて食べましたが、これがバリうま! 一度食べ始めると、もうやめられません。ご主人によると、捨てていた部位を試しに揚げてみたら想像以上に美味しかったため、メニュー化したとのこと。たしかにおつまみとしても、おやつとしてもいけそうな味です。なんと素敵なメニューを開発してくれたことでしょう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 居酒屋 北海道
  2. 居酒屋 札幌
食楽webの記事をもっと見る 2018年7月30日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「居酒屋 + 北海道」のおすすめ記事

「居酒屋 + 北海道」のおすすめ記事をもっと見る

「居酒屋 + 札幌」のおすすめ記事

「居酒屋 + 札幌」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「バー」のニュース

次に読みたい関連記事「バー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら