牛の旨み100%! 大久保で今話題の『951』の牛肉ラーメンが旨いワケ|田中一明のラーメン官僚主義!

牛の旨み100%! 大久保で今話題の『951』の牛肉ラーメンが旨いワケ|田中一明のラーメン官僚主義!

絶妙な味わいが癖になる牛ラーメン
計算し尽くしたバランスが生み出す旨みの競演に刮目

 今回ご紹介する『951』は、JR・大久保駅から徒歩3分ほどの裏路地にひっそりと佇むお店。オープンしてわずか3ヶ月という短期間にも関わらず、大久保界隈のラーメン店にこのお店ありと言わしめている話題のお店です。

牛の旨み100%! 大久保で今話題の『951』の牛肉ラーメンが旨いワケ|田中一明のラーメン官僚主義!

「今回、この店が主力メニューのコンセプトとして掲げるのは、ズバリ『牛』です。本年5月にオープンしたばかりで、まだまだ味は試行錯誤の途上ですが、食べに来て下さった方々の意見に耳を傾け、どんどんブラッシュアップを図っていきたいと考えています」と意気込む。

牛の旨み100%! 大久保で今話題の『951』の牛肉ラーメンが旨いワケ|田中一明のラーメン官僚主義!

 現在(2018年8月)、メニューラインナップは、大きく2系統に分かれる。出汁に牛素材を用いた「牛肉つけ麺」、「牛塩ラーメン」、「煮干醤油ラーメン」と、8月になって新たに商品化されたshrimp(エビ)シリーズ(「エビつけ麺」、「濃厚エビ味噌つけ麺」)だ。

牛の旨み100%! 大久保で今話題の『951』の牛肉ラーメンが旨いワケ|田中一明のラーメン官僚主義!
牛の旨み100%! 大久保で今話題の『951』の牛肉ラーメンが旨いワケ|田中一明のラーメン官僚主義!

 中でも、私が特にオススメしたいのは、牛系ラインナップの一翼を担う「牛塩ラーメン」。「塩ラーメン」と銘打ちながらも、まろやかな甘みとうま味を持ち味とする「白醤油」を駆使。

 塩カドを必要以上に際立たせないことによって、牛が本来持ち合わせている重厚感と華やぎを兼ね備えたうま味を余すところなく表現。液状油の力添えも相まって、啜れば啜るほど味わいに深みが増しゆく構成にはスケール感とドラマ性があり、食べ手はただ、感服するほかない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ラーメン レシピ
食楽webの記事をもっと見る 2018年8月27日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カレー」のニュース

次に読みたい関連記事「カレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「餃子」のニュース

次に読みたい関連記事「餃子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら