世界一の登り窯を目指す「烏城焼」がクラウドファンディングを開始。酒器と老舗酒蔵の日本酒を手に入れるチャンス!

世界一の登り窯を目指す「烏城焼」がクラウドファンディングを開始。酒器と老舗酒蔵の日本酒を手に入れるチャンス!

 猛暑、酷暑、炎暑、激暑…と、今夏は連日のように暑い文字を目にした気がします。もう、このまま秋が来ないんじゃないかと思っていましたが、やってきました、食欲の秋! そして、日本酒の秋!

 この時期は「ひやおろし」「秋あがり」と書かれた秋の日本酒が出まわる頃。紅葉やお月見など、秋を連想させるラベルもたくさん見かけます。お家でしっぽりお酒を楽しむための特別なぐい飲みも欲しくなりますよね。

世界一の登り窯を目指す「烏城焼」がクラウドファンディングを開始。酒器と老舗酒蔵の日本酒を手に入れるチャンス!

 青森県黒石市の烏城焼(うじょうやき)をご存知でしょうか。烏城焼はりんご畑と岩木山を一望する自然豊かな土地に工房と窯を構える陶工・今井理桂(いまい・りけい)さんが手がける唯一無二の陶芸作品です。

 烏城焼の最大の特徴は自然釉。自然釉とは窯の中で薪の灰が作品に付着し、高温で融けて窯変またはガラス化したものです。古陶に魅せられた今井さん自らが築いた登り窯で、化学的なものは一切使うことなく、薪だけで焼成するため、仕上がりは土と火、水、そして木のみぞ知るという自然界の産物そのものです。当然、ひとつとして同じものは存在しません。

 この烏城焼のぐい飲みで、ぜひ味わいたいのは地元のお酒です。烏城焼の窯元がある黒石市内にはかつて5軒の造り酒屋がありました。現在は2軒のみとなりましたが、そのうちの1軒「鳴海醸造店」は代表銘柄「菊乃井」を筆頭に蔵最高級の「稲村屋文四郎」などを醸す老舗蔵元。青森県産の酒造好適米「華吹雪」「華想い」「華さやか」、県産酵母、八甲田山系の伏流水(軟水)を使い、県産にこだわった酒造りでも知られています。酒蔵は重要伝統的建造物群保存地区に指定された藩政期の木造アーケード「こみせ通り」にあり、市内でも人気のスポットです。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年9月25日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら