丼から溢れる豚肉がたまらない! 『帯広豚丼とんたん』の炭火焼き豚丼を食べてきた

丼から溢れる豚肉がたまらない! 『帯広豚丼とんたん』の炭火焼き豚丼を食べてきた

 白いご飯の上に甘辛いタレを絡めて炭火で焼いた豚肉がドン! シンプルだけどおいしい豚丼は、無性に食べたくなる時があります。そんな時は迷わず『帯広豚丼とんたん』へ。炭火で丁寧に焼いた香ばしい甘辛いタレの豚肉で、ご飯をかっ込む美味しさがたまらない、帯広の伝統料理の豚丼。戸越銀座商店街を歩くと、醤油の焦げたなんともいえない良い香りに誘われて、ついつい寄りたくなるこちらのお店。フタから溢れるハンパない豚肉にびっくりの豚丼は、見た目のインパクトは強烈! いちど食べたら病みつきになる魅惑の豚丼の魅力に迫ります。

一枚一枚丁寧に焼かれる豚肉の香ばしさ

丼から溢れる豚肉がたまらない! 『帯広豚丼とんたん』の炭火焼き豚丼を食べてきた

 豚丼は300gから50gまで4つの肉の量から選べます。「松(特盛300g)」(980円)、「竹(並200g)」(680円)、「梅(100g)」(500円)、「小(50g)」(400円)まであるので、お腹の空き具合によって決められます。ここは思い切って「松」をオーダー。肉の量は300gとボリュームたっぷりの一品です。オーダー後すぐに、炭火で焼かれる豚肉。炭火と醤油の焦げた匂いが食欲をそそります。

想像以上の大きさにびっくりの迫力

丼から溢れる豚肉がたまらない! 『帯広豚丼とんたん』の炭火焼き豚丼を食べてきた

 待つこと5分、やってきた丼の迫力といったらもう!「松」は特盛で肉の量は300g、ご飯の量は200g。もはやフタの意味がわからないほど豚肉が溢れて、フタが上にのっている状態です。これは決してどんぶりのサイズが小さいのではありません。もはやインスタ映えの域。食べる前からワクワクが止まりません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年1月3日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「炭火焼き」のニュース

次に読みたい関連記事「炭火焼き」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。