コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が美味しい理由

コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が美味しい理由

 韓国料理店がひしめく新大久保界隈のコリアタウン。安くて美味しい店がたくさんある中、ランチで美味しいお肉を食べるなら、オススメなのが『モイセ』。家庭料理が食べられる韓国料理店ですが、ここの名物は大きなデジカルビ。テジカルビとは、ご存知の通り、豚カルビを特製の甘辛タレに漬けた豚カルビを焼いて食べる料理。モイセの骨付の豚カルビは厚みがあるのに、とってもやわらかくてジューシーなんです。

 一緒に出てくるキムチなどのサイドメニューも多く、ほかではなかなかお目にかかれないボリュームランチは、リピーターも多い人気店です。

骨付の大きなデジカルビ。1枚のボリュームが凄い!

コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が美味しい理由

 いちばん人気だという豚カルビをオーダー。するとすぐに運ばれてくるのは、小皿のおかず。キムチやカクテキナムルなど5皿も。さらにサンチュやネギサラダまでサービスというからうれしい限り。もちろんスープとごはんもセットです。

コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が美味しい理由

 たくさんのおかずを楽しんでいると、やってきましたメインの豚カルビ。これが一人前なの? と驚く大ボリューム!

コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が美味しい理由

 タレでしっかり味付けされた大きな肉が2枚。これは食べ応えがありそうです。骨付きのままプレートへ。こちらでは肉はスタッフが焼いてくれるのであとは待つだけ。テキパキと慣れた手つきで、食べやすい大きさにハサミで切り分けていきます。

コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が美味しい理由

 このくらいの焦げ目がついたら食べどきです。タレに漬け込まれた肉は、厚みもあるのにとにかくやわらかい! タレは少し甘めで、ごはんとよく合います。肉の量は一人前およそ200gとのことですが、いやいやそれ以上は確実にありそうで、プレートいっぱいになるほどの量なのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2018年12月29日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「焼き鳥」のニュース

次に読みたい関連記事「焼き鳥」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「とんかつ」のニュース

次に読みたい関連記事「とんかつ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「つけ麺」のニュース

次に読みたい関連記事「つけ麺」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。