買えるのはわずか50本! スコッチウイスキーの樽で日本酒を熟成した「リンク 8888」を飲んでみた

買えるのはわずか50本! スコッチウイスキーの樽で日本酒を熟成した「リンク 8888」を飲んでみた

 ブレンデッドスコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と、富山県の桝田酒造店の銘酒「満寿泉」がコラボした日本酒、「リンク 8888」をご存知ですか? 1801年に起源を持つシーバスリーガルは、以前も日本原産のミズナラ樽を取り入れたことはありますが、日本酒とコラボしたのは200年以上の歴史の中でも初のこと。

 しかも、リンク 8888が販売されるのは、わずか50本というのだから驚かされます。12月19日より桝田酒造店で発売しており、プレミアム日本酒として話題を集めること間違いなし。そんな激レアな日本酒を特別にいただいてきました。ウイスキー樽で熟成した日本酒はどんな味わいなのでしょうか?

人、国、職人芸を「リンク」する特別なお酒

 まずはこの「リンク 8888」という不思議なネーミングの由来からご紹介しましょう。シーバスリーガルと満寿泉の出会いは、2017年1月にシーバスリーガル主催のビジネスアワードにて中田英寿氏が受賞したことから始まります。

 中田氏はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYという会社の代表を務めており、同社では日本酒の酒蔵や銘柄、文化を世界市場に発信しています。2017年には中田氏が満寿泉を使用した「キットカット ミニ 日本酒 満寿泉」を発売しており、いまや日本を訪れる外国人観光客が選ぶお土産の定番に。そんな中田氏を介して、シーバスリーガルが桝田酒造店を紹介してもらい、今回のプロジェクトがスタートしました。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2018年12月28日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。