男の妄想食堂。韓国調味料「ダシダ」が決め手の「ミートソーススパゲッティ」を作る

男の妄想食堂。韓国調味料「ダシダ」が決め手の「ミートソーススパゲッティ」を作る

私の勝手な妄想からオープンした『妄想食堂』。料理人でも料理研究家でもない私、尾仲好太が、これまで食べ歩いた店の味の中で「これが一番旨い」と思う“味の再現”を目指し、今日もバイトのユースケと開店前の準備中です。

もちもち麺のパンチョのスパゲティー

主人:今日は、ミートソースを作ろうと思ってるんだ。今回、俺が目指したいのは、昔お袋が作ってくれた味なんだ。

ユースケ:なるほど。それは店長にしかわからないっすよね。

主人:そこで、イメージしやすいのは、『スバゲティーのパンチョ』の味なんだな。

ユースケ:あ、そこ聞いたことあります。B級グルメ好きが愛してやまないデカ盛りの店。しかも喫茶店にあるようなナポリタンやミートソースを出す店ですよね。ケチャップ味の。

主人:う~ん、違うんだ。パンチョの味は単純なケチャップ味でもなければ、そのへんの喫茶店にあるような味でもないんだよ。

ユースケ:へ?

男の妄想食堂。韓国調味料「ダシダ」が決め手の「ミートソーススパゲッティ」を作る

主人:確かにケチャップ味が強めだが、きちんとオリジナルのトマトソースを作ってるんだ。酸味が強すぎず、かといって甘すぎず。麺がやわやわで、ソースがねっとりと絡む。今回、そのパンチョを見習いつつも、お袋のミートソースの優しい味を作りたいんだ。……うーん、思い出すなぁ。

ユースケ:うわ、思い出に浸っちゃってる。いいから、早く作りましょうよ。

男の妄想食堂。韓国調味料「ダシダ」が決め手の「ミートソーススパゲッティ」を作る

スパゲティーの優しい味の決め手は?

男の妄想食堂。韓国調味料「ダシダ」が決め手の「ミートソーススパゲッティ」を作る

ソース作りに韓国の出汁

主人:最初に、ニンニク、タマネギ、しめじをみじん切りにしてくれ。まず、フライパンで、オリーブオイルとニンニクで炒める。ニンニクの香りがオリーブオイルに移ったらニンニクを取り出し、そこにタマネギとしめじのみじん切りを投入するんだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年3月31日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「シチュー」のニュース

次に読みたい関連記事「シチュー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュース

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビーフシチュー」のニュース

次に読みたい関連記事「ビーフシチュー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。