行列必至のお寺の朝食! 『築地本願寺カフェTsumugi』の「18品の朝ごはん」を食べてきた

行列必至のお寺の朝食! 『築地本願寺カフェTsumugi』の「18品の朝ごはん」を食べてきた

 築地本願寺の敷地内に一昨年オープンした『築地本願寺カフェTsumugi』をご存知でしょうか? こちら、仏教や浄土真宗にちなんだ朝食やランチ、スイーツのほか、アルコールやおつまみも楽しめるとして評判のカフェなのです。とくに「18品の朝ごはん」(1,944円)は好評で、毎朝数十名の人が開店前から行列を作るほどの人気ぶり。

 阿弥陀如来の四十八願の根本の願“第18願(本願)”にちなんで、16種類のおかずとお粥、味噌汁の18品を楽しめるこの朝食、見た目の彩りも鮮やかでかわいらしく、どれから食べればよいやら迷ってしまいます。メニュー開発を担当した(株)プロントコーポレーションによると「仏教にちなんだ朝食を提供したかった」とのこと。お寺の朝食は質素なイメージがありますが、食べてみるとかなり贅沢な朝食です。

行列必至のお寺の朝食! 『築地本願寺カフェTsumugi』の「18品の朝ごはん」を食べてきた

 16種類のおかずのうち、筆者のお気に入りは「鴨の山椒焼き」「タコの塩麹和え」「じゃこ味噌」。鴨は肉質やわらかくうま味十分で、ピリッとした山椒の風味がたまりません。塩麹と和えたタコはまるでイタリア料理のカルパッチョ。じゃこ味噌は甘めの味噌にオリーブオイルが調和し、これまた“洋”のテイストです。

 お粥は薄味ですが米の味をしっかり感じられ、じゃこ味噌のほか「海苔明太」「築地江戸一甘口昆布の佃」などをのせると絶品。お粥はおかわり自由なので、思わずたくさん食べてしまいそうです。「揚げ茄子大豆そぼろ」のそぼろは大豆感があまりなく、動物性の肉のような味。「湯葉いくら」はイクラの塩加減とプチプチ食感がいいアクセントになっています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年4月7日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バー」のニュース

次に読みたい関連記事「バー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。