直径24cm! 「ドラえもん」のどら焼きのモデルといわれる『時屋』の特大どら焼きを食べてみた!

直径24cm! 「ドラえもん」のどら焼きのモデルといわれる『時屋』の特大どら焼きを食べてみた!

 新宿の小田急ハルク1階にある『時屋』は手作り和菓子が人気の甘味喫茶。創業昭和23年の老舗です。あんみつやお汁粉などの定番の“和スイーツ”のほかに食事も楽しめますが、こちらでとくに有名なのがどら焼き

 漫画家の藤子・F・不二雄さんがここのどら焼きをこよなく愛したと言われており、一説によるとその代表作『ドラえもん』に出てくるどら焼きは時屋のものがモデルになっているのでは、とも。しかもこちらのどら焼きはサイズもいろいろ。小、中、大、さらには特大まであるのです。筆者は当然「特大どらやき」(2,750円)をいただきました。

直径24cm! 「ドラえもん」のどら焼きのモデルといわれる『時屋』の特大どら焼きを食べてみた!

 この特大どら焼き、直径は約24cm! 小どら焼きと比較してもその大きさに度肝を抜かれます。これはドラえもんをおびき寄せるには絶好のサイズかもしれません(笑)。小麦粉や卵などで作られたカステラ生地は、しっとりとして歯ざわりは抜群のやさしさ。

直径24cm! 「ドラえもん」のどら焼きのモデルといわれる『時屋』の特大どら焼きを食べてみた!

 あんこは大納言を使った粒あんで、水飴の甘さと粘りが光る、どっしりとした濃厚なものです。隅々までたっぷりと入っているので食べごたえも十分です。しっとり系の生地ともよく合うので、しつこさは感じません。食べ進むと、あんこのところどころから大きめの栗がゴロリと登場。これがまた贅沢感を高めてくれますね。

 特大なのでひとりで食べるよりも、お土産などにして大勢でシェアすると盛り上がりそうです。とくに“ドラえもんファン”の人にプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。購入する際は、事前に予約しておくとよいでしょう。

 筆者も小学生のころは『ドラえもん』をむさぼるように読んだものです。その中で、ドラえもんが巨大どら焼きを食べるシーンが描かれていたと記憶しています。ひょっとすると、この時屋の特大どら焼きがモデルになっているのかも? そんなことを思い出しながら、30分以上かけて完食しました。

(取材・文◎松本壮平)

●SHOP INFO

直径24cm! 「ドラえもん」のどら焼きのモデルといわれる『時屋』の特大どら焼きを食べてみた!

店名:時屋

住:東京都新宿区西新宿1-5-1小田急ハルク1F
TEL:03-3342-2610
営:月~土 11:00~21:30/日・祝 11:00~20:00
休:無休

あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年4月10日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュース

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菓子」のニュース

次に読みたい関連記事「菓子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。