究極の「羊」鉄板焼き! 『TEPPAN羊SUNRISE』で羊の美味しさを再発見してきた

究極の「羊」鉄板焼き! 『TEPPAN羊SUNRISE』で羊の美味しさを再発見してきた

 こんにちは。羊齧協会主席の菊池一弘です。

 羊齧協会のような羊の啓蒙活動を行っていると、「羊肉は硬い、臭い、安い」という、昔から日本で言われている間違った認識を持つ人に出会うことも多々あります。

 これは日本だけの考え方で、世界で羊肉といえば「高級なハレのごちそう肉」の地位にいます。ではなぜ、平成が終わりを迎えた今に至っても日本でこうした誤解がまかり通っているのか。2点ほど理由があるように思います。

 1)かなり以前、羊は羊毛を刈るための家畜として扱われていたため、肉はあくまで付属品扱いであり、食肉用でないので肉質も悪かった

 2)安い質の悪い肉を大量に輸入し、安く提供していた時期がある

 どちらかというと人間側の都合でこうなってしまっているわけです。

 おかげさまで「羊肉は硬い、臭い、安い」と言われる機会も年々減ってきてはいますが、こうした誤解を打破するため、積極的な「羊啓蒙」を行っているジンギスカン店があります。それが麻布の『羊SUNRISE』です。

 こちらは店員さんのあふれる知識と羊愛、国産からフランス産までそろえた豊富で質の良い肉で勇名を馳せる、羊肉業界では知らない人がいない名店です。この『羊SUNRISE』が、東京・神楽坂に羊の鉄板焼きの店を出したということで、早速行ってきました。おそらくステーキハウス系鉄板焼きで羊専門は日本初だと思います。

究極の「羊」鉄板焼き! 『TEPPAN羊SUNRISE』で羊の美味しさを再発見してきた

 ジンギスカンから鉄板焼きへあえて業態を変えた理由は「羊肉の旨さを伝え、ごちそう肉で高級品であること」を啓蒙する意味があるそうです。よく考えると非常に理にかなっています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年5月4日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。