雪見大福にラー油!? 「四川フェス2019」で絶対食べたい激ウマ中華スイーツ

雪見大福にラー油!? 「四川フェス2019」で絶対食べたい激ウマ中華スイーツ

今年で3年目となる「四川フェス 2019」が4月20(土)・21日(日)が、新宿中央公園で開催されます。来場者数のべ10万人を超え、本場・四川の味伝えてきた大人気フェス。その仕掛け人の一人、麻辣連盟総裁・中川正道さんに、四川料理の魅力について語ってもらうカウントダウン企画。

 今回紹介するのは四川省のスイーツです。四川省の中心地・成都の街角では、昔ながらの素朴なおやつを売っている店が多く、なかなか東京では味わうことができません。今週末の「四川フェス2019」では、そんな素朴な四川スイーツが味わえるので、ぜひ食べて欲しいおすすめスイーツベスト3をご紹介します。

蛋火共米羔(本来は1つの漢字。火偏に共、米偏に羔/以下同じ)

 まずは、「蛋火共米羔(ダンホンガオ)」です。これは、小麦粉と卵で作った皮で具材を挟む、いわば“成都式のクレープ”です。

雪見大福にラー油!? 「四川フェス2019」で絶対食べたい激ウマ中華スイーツ
雪見大福にラー油!? 「四川フェス2019」で絶対食べたい激ウマ中華スイーツ

 挟んであるものも、原宿などで売っているようなクリーム系の味ではなく、クルミやピーナッツバターなどのナッツ系の素朴な食材なんですよ。

 チョコレートや生クリームなど油脂をたっぷり使った濃厚な味のスイーツに慣れた現代人の舌からすると、「蛋火共米羔」はなんてシンプルな味だろうと思うかもしれません。しかし、食べていてほっこりした気分になるんです。

 今回の「四川フェス2019」では、高田馬場の四川料理『本格熊猫(ホンカクパンダ)』さんが、「蛋火共米羔」を作ってくれます。味は、クリーム、イチゴジャム、麻辣、肉松(肉の佃)、ジャガイモ、ピーナッツの6つの味を用意しています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年4月17日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「デザート」のニュース

次に読みたい関連記事「デザート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フルーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「フルーツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ケーキ」のニュース

次に読みたい関連記事「ケーキ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。