東京センベロ巡礼! 高円寺『ほんずなし』は青森の地酒&地元メシの聖地である

東京センベロ巡礼! 高円寺『ほんずなし』は青森の地酒&地元メシの聖地である

 中央線の他の駅とは違う独特の雰囲気を持ち、ミュージシャンや劇団員、お笑い芸人に学生など若者などが集うフリーダムな街、高円寺。もちろん、スーツ姿の“元若者”の皆さんたちも自由に酔っ払って楽しんでいる街でもあります。最近では減ってきた、古き良き飲み屋街の雑然とした雰囲気を残す、誰もが居心地のいい街です。

 数多ある高円寺の飲み屋さんの中でも、行ったことがない人には観光気分、生まれ育った人には懐かしい気分が楽しめる立ち飲みの店があると聞き、向かったのは『ほんずなし』という店。ほんずなし? ほんなずしって寿司屋の聞き間違い?

東京センベロ巡礼! 高円寺『ほんずなし』は青森の地酒&地元メシの聖地である

 店に一歩入るとそこは「津軽」。青森県の観光マップやねぶたのオブジェなどが飾られていますが、白木を基調とした爽やかなインテリアなので入りやすい雰囲気。すべてカウンターの立ち飲み店です。

 そもそも、ここってどんな店なんですか?「青森にある『ヤマモト食品』の会社が経営している店なんですよ」と店長の雪田さん。ヤマモト食品とは、青森の人なら誰もが知っている食品メーカー。「ねぶた漬」「数の子醤油漬」など、ゴハンのお供や酒のつまみにピッタリな、魚介の漬物、和え物などを販売しています。

「うちのメニューは、ヤマモト職員の商品がメインですね」と話す雪田さん。確かにメニューを見ると、日本酒半合と、「味よし」「子っこちゃん」「数の子醤油」のいずれか1品で500円、というセットも。
「味よし」は、数の子と大根・キュウリ、昆布などの醤油漬け、「子っこちゃん」は、ししゃもの卵や数の子、するめ、昆布などの醤油漬けです。青森に行ったことがない人にとっては、すべてが初めて。これで津軽の人はお酒飲んだりご飯に乗せて食べてるんだ~。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年5月9日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「沖縄料理」のニュース

次に読みたい関連記事「沖縄料理」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カフェ」のニュース

次に読みたい関連記事「カフェ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。