東中野のソウルフード!『大盛軒』の「ビッグ鉄板麺」とは?

東中野のソウルフード!『大盛軒』の「ビッグ鉄板麺」とは?

 東中野在住&通勤通学、またはかつて東中野に縁があった人にとって、ソウルフードといえば、駅からすぐの場所にある『大盛軒』の「鉄板飯」。1982年のオープンから30年以上、ずっと愛され続けているローカルフードです。

 そんなスタンダードな「鉄板麺」でもゴハンは丼サイズでボリュームがあるのに、その上をいく「ビッグ鉄板麺」があると聞き、早速調査開始。“大盛”軒の“ビッグ”鉄板麺、いやがおうにも期待が高まります。

 でもその前に、そもそも「鉄板麺」って何? 鉄板で焼いた麺? 丼ゴハンがあるってことは焼きそば定食? よくわからないまま総武線に乗って東中野駅へと向かいます。

東中野のソウルフード!『大盛軒』の「ビッグ鉄板麺」とは?

 駅の階段を降りて約10歩? の場所にある『大盛軒』。店内に入り、メニューを見ると、そこには「鉄板麺」のわかりやすい解説が。「鉄板麺」とは、鉄板焼き+半ラーメンのこと。もし半ラーメンをつけない場合は「○○○鉄板焼きライス」と注文すること。つまり「鉄板麺」と頼んだら、もれなく半ラーメンがついてきます。

 そしてバリエーションもいろいろあり、スタンダードの「鉄板麺」(900円)のほか、ヘルシーバージョンの「野菜鉄板麺」(900円)や牛肉バージョンの「ビーフ鉄板麺」(950円)など全6種。その中で一番ボリュームがあるのが、肉、ライス、麺すべて大盛の「ビッグ鉄板麺」(1,420円)です。

東中野のソウルフード!『大盛軒』の「ビッグ鉄板麺」とは?

 待つこと数分。出てきた「ビッグ鉄板麺」は、一見1人前に見えないボリューム。まるでカップルで来たうちの、1人がラーメン、もう1人が炒め物とゴハン頼んだ? みたいな量。丼ゴハンは高さ12cm、重さは506g、ラーメンは743g、鉄板焼きは363g(すべて器の重さを除く)。ということで、トータル1,612g。重さを測っている間も鉄板からはジュージュー焼ける音と香ばしい香りが漂います。早く食べなくちゃ焦げる~麺伸びる~。慌てて計測するものの、鉄板が熱いっ!


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年5月22日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュース

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。