巨大エビ垂直立ちのタワー天丼は1,7kg! 『江戸東京 寿し常』

記事まとめ

  • スカイツリーにちなんだ“タワー系名物メニュー”のひとつ、『江戸東京 寿し常 東京ソラマチ店』の限定20食「スペシャル超天丼」を食べてみた。
  • 大きなエビ2頭が垂直に立っているインパクト大の丼は、味噌汁などセット含めトータル約2kg、高さ29cmで税込4212円。
  • 寿司ネタで作る「タワー盛り海鮮丼」は巻物が垂直に立って5974円、こちらは終日注文可能だ。

巨大エビ垂直立ち!『江戸東京 寿し常』の1,7kgタワー天丼を食べてみた

巨大エビ垂直立ち!『江戸東京 寿し常』の1,7kgタワー天丼を食べてみた

 2012年のスカイツリー開業時から、地元商店街やソラマチの飲食店などで様々なスカイツリー名物料理が誕生。オープン時だけの期間限定かと思われていたスペシャルメニューですが、今も人気がすごいとの情報が。

 いわゆる“タワー系名物メニュー”とはどんなものなのか? その真相を追求すべく、向かったのは東京スカイツリータウンの7Fにある『江戸東京 寿し常 東京ソラマチ店』。

 全国各地で揚がったを味わえる、天然魚にこだわりをもつ寿司店。しかも握り1個102円からというリーズナブルな価格です。そんな人気寿司店で味わえる名物メニューに、わくわくしながら店に向かいます。

 開店とほぼ同時刻に店の前に着き、ショーウィンドウを見ると……発見! 「スペシャル超天丼」。先着20名までで、茶碗蒸し、お新香味噌汁が2人前ついているとのこと。ということは、基本2人前の丼ってこと? 席に着き、早速注文。もちろん朝イチなので、先着20名の枠に入れました。

巨大エビ垂直立ち!『江戸東京 寿し常』の1,7kgタワー天丼を食べてみた

 注文してから数分後、出てきたのは、尾頭付の大きなエビ2頭が垂直に立っているインパクト大の丼。エビだけじゃない、アナゴやナス、春菊までまっすぐ盛りつけられています。「今日はエビ2頭にイカ、アナゴ、ナス、カボチャ、春菊、マコモ筍、レンコン、かき揚げになっています」と料理長の斉藤さん。ちなみにエビの種類はシータイガー。長さ約27~28cm、大きなサイズのものを使っているとのこと。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年5月27日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「うどん」のニュース

次に読みたい関連記事「うどん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュース

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「海鮮丼」のニュース

次に読みたい関連記事「海鮮丼」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。