1.8kg超! 東池袋『伊東食堂』で超デカ盛りカツカレーを食べてきた

1.8kg超! 東池袋『伊東食堂』で超デカ盛りカツカレーを食べてきた

 JR池袋駅と大塚駅のほぼ中間点。昔ながらの住宅街の雰囲気を今も残している、東池袋にあるのが、昭和5年創業、創業90年になる『伊東食堂』。おじいさんの代から数えて3代目、現在4代目も厨房に立つ、アットホームな雰囲気のお店です。

 昼は定食、夜は居酒屋として、地元の人はもちろん、近所にお勤めのサラリーマンやOL、はたまた、大盛りの評判を聞きつけてやってくる人など、常に満席の人気店。ここに、大盛りのカツカレーがあると聞き、早速調査開始です。

1.8kg超! 東池袋『伊東食堂』で超デカ盛りカツカレーを食べてきた

 店内に入っていきなり目に飛び込んでくるのは、壁一面を覆うメニュー札。居酒屋定番のメニューはもちろん、和洋中様々なメニュー、そしてカレーメニュー。専門店だってこんなにバリエーションないのでは? 貼ってあるだけで28種プラス、ナン。すごい!

1.8kg超! 東池袋『伊東食堂』で超デカ盛りカツカレーを食べてきた

 注文して数分後、やってきたのは大皿のフチぎりぎりまで盛られた、特大カツカレー。ゴハンはおよそ丼4杯分、玉ねぎ・ニンジンなどが入った豚カレーにロースカツ2枚! 「もっと大盛りのカツカレーのメニューがあるんだけれど、それは宴会用。ランチで注文できるので一番大盛りなのはこのカツカレーだね」とご主人。カツ3枚の「超特大カツカレー」は宴会限定になり、1人で注文できる最大サイズが「特大カツカレー」。限定メニュー、チャレンジメニューではないので、時間制限なし、シェアするのもOKです。

1.8kg超! 東池袋『伊東食堂』で超デカ盛りカツカレーを食べてきた

 まずはルーを一口。このカレー、え~っと、どこで食べたんだっけ? と思わせるどこか懐かしい味。家のカレーじゃなくて、給食カレーでもない。洋食屋さん? 新幹線の食堂車? 子供の頃から知っている、初めて食べたのにどこか懐かしい思い出の味。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年6月9日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「パン」のニュース

次に読みたい関連記事「パン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「餃子」のニュース

次に読みたい関連記事「餃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「つけ麺」のニュース

次に読みたい関連記事「つけ麺」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。