官公庁街の1.4kgスパゲティ! 霞ヶ関『ロメスパバルボア』で「焼きスパゲティメガ盛」を食べてきた

官公庁街の1.4kgスパゲティ! 霞ヶ関『ロメスパバルボア』で「焼きスパゲティメガ盛」を食べてきた

 千代田区内幸町2丁目、それは日比谷公園がワンブロック隣だったり、財務省や厚生労働省、経済産業省、文部科学省などもご近所に集まる国の中枢エリア。そんな官公庁街にも大盛りが自慢のスパゲティ店があるんです。

 霞ヶ関エリアでは数少ない、飲食店密集ビルが「飯野ビルディング」。この一角にあるのが焼きスパゲティの店『ロメスパバルボア』。

「茹でたパスタを炒めて作る、日本食文化のスパゲティです。しっかりした味付けにモチモチとした麺の食感が楽しめるんですよ。給食のない日、お母さんが昼に作るナポリタン、というイメージですね」とマーケティング部マネジャーの大林さん。懐かしい系? 昭和レトロ系? 興味が高まってきます。

官公庁街の1.4kgスパゲティ! 霞ヶ関『ロメスパバルボア』で「焼きスパゲティメガ盛」を食べてきた

 早速券売機に行き、店一番人気の「ナポリタン」を「メガ盛り」で注文。麺のボリュームは4種類から選べて、350gの並盛りから大盛り500g、特盛り700g、そしてメガ盛り1,000g。これに具材やソースがプラスされるので、メガ盛りなら総重量1kg超えは確実です。

官公庁街の1.4kgスパゲティ! 霞ヶ関『ロメスパバルボア』で「焼きスパゲティメガ盛」を食べてきた

 待つこと数分、テーブルにやってきたのは、イメージしていたナポリタンより、やや茶褐色なソースをまとった山盛りスパゲティ。「ソースはトマトソースがベースで酸味が強め。火を通した時に甘味をだしてくれるバランスになっています」と大林さん。喫茶店のケチャップ味をイメージしているとちょっと意外に感じるかも。

官公庁街の1.4kgスパゲティ! 霞ヶ関『ロメスパバルボア』で「焼きスパゲティメガ盛」を食べてきた

 具は小松菜、豚肉、タマネギ。麺は2.1mmのスパゲティーニを茹でて1日寝かせ、水分を均一にすることで、しっかり・もっちりとした口当たりにしているとのこと。総重量は1,471g(皿の重さを除く)。ほぼ1.5kg? 食べごたえ十分のボリュームです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年6月17日のグルメ記事
「官公庁街の1.4kgスパゲティ! 霞ヶ関『ロメスパバルボア』で「焼きスパゲティメガ盛」を食べてきた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    汚物以下トンキンローカルいらない

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュース

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソーセージ」のニュース

次に読みたい関連記事「ソーセージ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フライドポテト」のニュース

次に読みたい関連記事「フライドポテト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。