構想31年! こだわりまくりの究極の「フルーツバター」とは?

構想31年! こだわりまくりの究極の「フルーツバター」とは?

 最近、爆発的に人気となっているフルーツバター。フルーツの甘酸っぱさとバターのコクが組み合わさって、パンのお供として注目されています。ちまたには、いろいろなフルーツバターが販売されていますが、「セゾンファクトリー」から「フルーツバター いちご」と「フルーツバター りんご」が8月30日(金)に発売になりました。

 フルーツジャムや飲む酢、ドレッシングなどで知られる「セゾンファクトリー」。果実のもつ本来の甘味や酸味、ジューシーさを最大限に引き出し、丁寧に手作業で作られるジャムが人気の同社が31年かけて作り出したフルーツバターを試してみました!!

フルーツバター いちご

構想31年! こだわりまくりの究極の「フルーツバター」とは?

 創業時の社長がトーストにバターを塗って、その上にいちごジャムをのせて食べるのが大好きだったことから、31年前の創業時に考案されたという「フルーツバター いちご」。当時の技術では商品化が難しく、それから長い年月を経て、ようやく完成したそう。

 北海道バターと低糖度のジャムを黄金比率で配合。いちごのフルーティーな香りと、優しい甘酸っぱさが感じられて、本当にフレッシュです。パンに塗って食べるものですが、そのまま食べても美味しいんです。たっぷり塗って食べたら、あっという間にペロリと食べてしまいそうで怖い…。バターを使っているのにベタつく感じもないので、虜になる人が続出しています。まとめ買い必至の一品です。

フルーツバター りんご

構想31年! こだわりまくりの究極の「フルーツバター」とは?

「フルーツバター いちご」同様、「フルーツバター りんご」も北海道バターと低糖度のジャムを黄金比率で配合。“黄金”というだけあって、本当にバターの風味が絶妙です。脂っぽさやこってり感は感じられず、りんごの甘味とミルキーさがたまりません。使用しているのは、アップルパイなどに適しているといわれる「紅玉」という種類のりんご。ほどよい酸味がバターのコクを引き立てています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年9月9日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ビーフシチュー」のニュース

次に読みたい関連記事「ビーフシチュー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「シチュー」のニュース

次に読みたい関連記事「シチュー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュース

次に読みたい関連記事「豆腐料理」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら