台湾で話題の“ティー専門店” 『COMEBUYTEA』が日本初上陸! 人気ベスト5を飲み比べてみた

台湾で話題の“ティー専門店” 『COMEBUYTEA』が日本初上陸! 人気ベスト5を飲み比べてみた

 台湾発のタピオカミルクティーが大ブームの昨今ですが、なんと300種類以上のカスタマイズができる、台湾生まれのティー専門店『COMEBUYTEA(カムバイティー)』の日本1号店が9月21日(土)、東京・表参道にオープンしました!

『COMEBUYTEA』は2002年に台湾で誕生した「COMEBUY」の新ブランドとして、2016年に台湾で1号店がオープン。その後、香港やアメリカなど、世界6カ国13店舗で展開しています。

「COMEBUY」というネーミングは、台湾でもカンパイと発音される「乾杯」に由来し、ここに来れば楽しい発見、楽しい体験が必ずある! という意味が込められているとのこと。一体どんな楽しい発見&体験が待っているのでしょうか? さっそく取材してきましたのでご紹介します。

トッピングの楽しさと、お茶本来の風味を堪能!

台湾で話題の“ティー専門店” 『COMEBUYTEA』が日本初上陸! 人気ベスト5を飲み比べてみた

『COMEBUYTEA』では、台湾でお茶の修業を積んだティーマスターによる目利きで選別された台湾の特別な茶葉と、世界の異なる山地から厳選された茶葉のみを使用しています。

 それを、独自開発の「ティーグラインダー」と「ティープレッソマシーン」でドリンクにしていきます。作り置きのお茶ではなく、注文ごとに1杯ずつ、ティープレッソマシーンから、蒸気や香りとともにお茶を抽出してくれるんです。

台湾で話題の“ティー専門店” 『COMEBUYTEA』が日本初上陸! 人気ベスト5を飲み比べてみた

『COMEBUYTEA』のメニューは、大きく分けて2つ。好きなトッピングを追加して楽しむ「CREATEA(クリエイティー)」と、お茶本来の風味を味わう「QUALITEA(クオリティー)」です。特に注目なのが、「CREATEA」。ベースとなるお茶にミルクやフレッシュジュースをブレンドし、トッピングなどでなんと300種以上のカスタマイズが可能なんです。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月24日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。