焼酎の新しい世界を切り開く! 独自製法の本格芋焼酎「大隅〈OSUMI〉」の魅力を探りに、鹿児島に行ってきた

焼酎の新しい世界を切り開く! 独自製法の本格芋焼酎「大隅〈OSUMI〉」の魅力を探りに、鹿児島に行ってきた

鹿児島・大隅半島で蒸溜する、新しいスタイルの芋焼酎が誕生

 グラスに顔を近づけると、ほわんとしたさつまいもの甘い香りがたちのぼりました。サントリーが手掛ける本格芋焼酎「大隅〈OSUMI〉」は、さつまいものフレッシュで甘い香りが特徴。ロックで飲むとさらに香りが広がるが、飲み心地はすっきりとしています。

 この「大隅〈OSUMI〉」を造る大隅酒造があるのは鹿児島県大隅半島。2005年に設立されたまだ若い蒸留所ですが、意欲的な焼酎造りに取り組んでいます。

焼酎の新しい世界を切り開く! 独自製法の本格芋焼酎「大隅〈OSUMI〉」の魅力を探りに、鹿児島に行ってきた

 焼酎王国・鹿児島は、自社で蒸溜を行う蔵だけで県内に114軒もあるそう。多くは古くから焼酎造りが行われてきた薩摩半島に集中していますが、大隅酒造が位置する大隅半島にも比較的新しい焼酎蔵が増えているとか。この二つの半島で作られる焼酎の個性は、それぞれさつまいもを育てる畑の土の違いに由来するところが大きいといわれています。

「薩摩半島には小規模な仕込みを行う古い蔵元が集まっています。畑の土は赤土で、ここで獲れる芋から作る焼酎は、比較的どっしりとしたタイプが多いと言えます。大隅半島の畑は薩摩半島とは異なる黒土で、ここで採れる芋から造る焼酎は、シャープでキレがあり、少しモダンな印象になります」と話すのは大隅酒造工場長の斯波(しば)大幸さんです。

 今年9月中旬、この大隅酒造への取材ツアーが行われました。到着するとすぐに、斯波さんが黒土が顔を出した畑へと案内してくれます。さつまいもの収穫はお盆明けから始まり、11月中旬にかけて行われるそうで、目の前ではちょうど芋の収穫が行われています。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2019年10月10日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら