過去には1時間で売り切れ! 吉祥寺界隈で「可愛すぎる」と噂の新店『ぼたんとおはぎ』に行ってきた

過去には1時間で売り切れ! 吉祥寺界隈で「可愛すぎる」と噂の新店『ぼたんとおはぎ』に行ってきた

 2019年5月30日、三鷹にオープンしたおはぎ専門店『ぼたんとおはぎ』。ここのおはぎが吉祥寺界隈でとんでもない旋風を巻き起こしています。先日、吉祥寺のハモニカ横丁の朝市に出店した際には約1時間で完売するなど、「可愛い!美味しい!」と大評判なのです。

 五日市通り沿いにあるお店は、JR三鷹駅から歩いて約20分というかなり遠い場所にあるのですが、11時にオープンするやいなや、老若男女のリピーターさんたちが続々と訪れます。木箱に並ぶ各種のおはぎを前に「え~っとどれにしよう…」と選んでいる後ろ姿から、ウキウキ感が伝わってきます。

過去には1時間で売り切れ! 吉祥寺界隈で「可愛すぎる」と噂の新店『ぼたんとおはぎ』に行ってきた

 おはぎは、全て小ぶりのサイズ。一般的な粒あんの「おはぎ」はもちろん、濃い緑色の「抹茶」、黄金色の「鳴門金時(サツマイモ)」、クリーム色の「いちじくくるみ」など色とりどりのおはぎがあり、あれも食べたい、これも食べたい…と、迷ってしまうこと必至です。

過去には1時間で売り切れ! 吉祥寺界隈で「可愛すぎる」と噂の新店『ぼたんとおはぎ』に行ってきた

「このお店は、和菓子離れが進む今の時代に、“お子様に楽しんで和菓子を食べてもらいたい”というコンセプトで立ち上げたお店なんです」と教えてくれたのは、店長の天花寺奈苗さん。

「和菓子の中でも、おはぎは家庭で作られる昔ながらの庶民的なおやつです。今は粒あんがスタンダードですが、本来は、旬の食材を使って作り、四季折々、呼び名も変わるんですよ。秋のお彼岸は“萩の季節”だから “おはぎ”、春のお彼岸は、牡丹の時期なので “牡丹餅”。夏は“夜船(よふね)”、冬は“北窓(きたまど)”。ご存知でしたか?」


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る 2019年10月21日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら