お酒が進みすぎる唐揚げ! 高円寺『九州みくに』で絶品「霧島鶏のからあげ」を食べてきた

お酒が進みすぎる唐揚げ! 高円寺『九州みくに』で絶品「霧島鶏のからあげ」を食べてきた

 東京・高円寺といえば、ガード下や商店街に美味しくてリーズナブルな飲み屋が軒を連ねる、呑んべえに愛される街。JR高円寺駅北口を出て、居酒屋焼鳥屋、焼肉屋などが左右に立ち並ぶ中通り商店街を歩くと見えてくるのが『九州みくに 高円寺店』。もつ鍋鉄鍋餃子馬肉料理、辛子れんこんなど九州料理を味わえるお店です。今回はこちらで絶品のからあげが味わえると聞いてやってきました。

お酒が進みすぎる唐揚げ! 高円寺『九州みくに』で絶品「霧島鶏のからあげ」を食べてきた

 名物の「鶏のから揚げ」(690円)は、霧島鶏を使用。タレと塩を選べます。普段はシンプルに塩をオーダーするところですが、「タレが人気なんですよ」という店長・古林康彦さんの言葉に従い、タレをオーダーしました。“門外不出”という自家製のタレは、甘さにかすかな辛みが加わった逸品。同店の丼メニューにもかけるそうです。

 いざ食べてみると、想像以上の美味しさでした。タレが衣の食感をまったく阻害していません。サックリした衣にタレがからんで、かすかにフワッとした歯ざわりも。肉にはやさしい弾力があり、歯をグッと受け止めたかと思うと、さっくりと噛み切れます。旨味がたっぷり溶け込んだ肉汁が口に広がり、なんとも鮮烈な味わいです。

 こだわりのタレは、衣の食感と味にアクセントを与えるだけでなく、肉汁と混じるとさらに美味しさ倍加。たしかに白いごはんにかけて食べたくなるタレですね。

霧島鶏を使った4種類の手羽先からあげも必食

お酒が進みすぎる唐揚げ! 高円寺『九州みくに』で絶品「霧島鶏のからあげ」を食べてきた

 これ以外に、名物のひとつ「手羽先」(1本190円)もオーダーしました。山椒、タレ、オリジナルスパイス、塩こしょうの4種類があります。どれを食べようかと迷ってしまいますが、せっかくなので1本ずついただくことに。まずは山椒。漬けダレに山椒を加えたからあげは他店で体験済みですが、手羽先で、しかも山椒をふりかけたものは初めて。軽くピリッとくる刺激に食欲がさらにアップ。こちらも肉厚で締まりのよい霧島鶏を使っているので食べごたえ抜群です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

食楽webの記事をもっと見る 2019年11月21日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「から揚げ」のニュース

次に読みたい関連記事「から揚げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「焼きそば」のニュース

次に読みたい関連記事「焼きそば」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天ぷら」のニュース

次に読みたい関連記事「天ぷら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。