全世界のラム酒が味わえる渋谷のバー『ARIAPITA RUM&PUNCH』で聞いた気鋭の「クラフトラム」8選

全世界のラム酒が味わえる渋谷のバー『ARIAPITA RUM&PUNCH』で聞いた気鋭の「クラフトラム」8選

 みなさんは職場の近くや自宅の近くに行きつけのバーはありますか? 東京には個性的なバーが星の数ほどありますが、いま渋谷で話題の一軒のバーがあります。それが『ARIAPITA RUM&PUNCH』。こちら、全世界のラム酒を厳選して集結させた、ラムマニアの聖地なのです。

 ラムについておさらいしておくと、カリブ海の西インド諸島が主な生産地で、原料はサトウキビ。大航海時代に、コロンブスがサトウキビの苗を移植したのがきっかけでラム酒が造られるようになりました。その後、西洋から西インド諸島にやってきた移民たちが、自国の蒸留技術を持ち込みました。イギリスのスコッチウイスキー、フランスのコニャック、スペインのシェリー…それらの技術を貪欲に取り込んで、ラム酒は独自の発展を遂げていきます。

 そして400年以上の歴史を経た今、ラムの生産地は拡大の一途を辿っています。今までラムを生産していなかったアジアやアフリカなどでも新たなラムブランドが誕生しており、現在、ラム酒は南極を除くすべての大陸で造られています。その銘柄は世界に4万銘柄以上。

 そんな世界各国のラム酒が一堂に会するバーの魅力を探りに、渋谷に取材に向かいました。

ボトラーズやクラフトラムが一堂に揃うラム専門バー

全世界のラム酒が味わえる渋谷のバー『ARIAPITA RUM&PUNCH』で聞いた気鋭の「クラフトラム」8選

『ARIAPITA RUM&PUNCH』は現在250本以上のラム酒が揃っています。現行で販売しているオフィシャルボトルはもちろん、“ボトラーズ”と呼ばれる、瓶詰業者が独自に仕入れたラムの原酒を自らが熟成し、瓶詰したものもあります。ボトラーズ各社はオフィシャルボトルとはまた違った個性を際立たせるため、長期の熟成を行うなどの努力を重ね、唯一無二の味わいを生み出しているのが特徴です。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「カフェ」のニュース

次に読みたい関連記事「カフェ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。