呑んべえの聖地・浅草で、ツウが集まる老舗『四方酒店』の角打ちを体験してきた!

呑んべえの聖地・浅草で、ツウが集まる老舗『四方酒店』の角打ちを体験してきた!

 人情と風情あふれる「浅草」は、有名な観光地であり、飲み屋やグルメな店が軒を連ねる、呑んべえの聖地でもあります。

 そんな浅草で、地元人はもとより、仕事帰りのサラリーマンが足繁く通う酒屋の角打ち『四方酒店』があります。創業は昭和30年。小売りがメインの酒屋ですが、「先代の時代は店内にカウンターを出していて、軽く一杯ひっかけて帰るのが当たり前。それが酒屋の醍醐味だったんです」と話すのは店主の金子さん。

呑んべえの聖地・浅草で、ツウが集まる老舗『四方酒店』の角打ちを体験してきた!

 一時期、角打ちではなくなったこの酒店も、昨今の「角打ち」ブームで復活。浅草を食べ歩く前にサクッと飲もうと、立ち寄りました。

気軽にお酒を楽しめる、昭和の風情漂う角打ち

呑んべえの聖地・浅草で、ツウが集まる老舗『四方酒店』の角打ちを体験してきた!

「ある時、常連さんが店先で立ち飲みしてたんです。それを見てか、飲んで帰りたいという人がどんどん集まるようになり、今の角打ちをまた始めたんです」(金子さん)

呑んべえの聖地・浅草で、ツウが集まる老舗『四方酒店』の角打ちを体験してきた!

 浅草・吾妻橋のたもとにある『四方酒店』は、古き良き昭和の風情が漂います。ガラガラとガラス戸を引いて店内に入ると、店内の中央にテーブルが置かれ、棚にはたくさんの酒瓶、冷蔵庫にはビールや焼酎などが豊富にそろい、正面には角打ち用の日本酒がずらりと並んでいます。もちろん、どのお酒を飲んでもよし。おつまみと一緒に、その都度買って、飲む。その昔ながらの気軽さもいい感じ。

 生ビールや日本酒、キンミヤ焼酎でホッピーを楽しむ人、コンビニでは売っていない海外のビールを味わう人、浅草名物・電気ブランを体験する人など、楽しみ方はそれぞれ。飲み屋より安く、気軽に飲める角打ちは、自由度が高くて、ワクワクしてきますね。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「立ち飲み + 東京」のおすすめ記事

「立ち飲み + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「立ち飲み + 福岡」のおすすめ記事

「立ち飲み + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュース

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月9日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. 立ち飲み 名古屋
  2. 立ち飲み 大阪
  3. 立ち飲み 札幌

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。