昭和感たっぷり! 新宿の名曲喫茶『らんぶる』でボリューム満点「卵&ツナサンド」を食べてきた

昭和感たっぷり! 新宿の名曲喫茶『らんぶる』でボリューム満点「卵&ツナサンド」を食べてきた

 クラシック音楽を聴きながら、ゴージャスな時間が過ごせると評判の喫茶店『らんぶる』。昭和生まれのレトロでおいしいメニューも気になります。なかでも「ロールパンを使ったボリューム満点のサンドイッチは必食!」との絶賛の声をもとに、早速食べに行ってみました。

『らんぶる』は9時半からオープンしているので、モーニングタイムから訪れました。伊勢丹やマルイなどのファションビルが立ち並ぶ新宿通りから1本裏に入った通り添いにあり、赤レンガのクラシカルな外観にワクワクしながらお店に入ります。

昭和感たっぷり! 新宿の名曲喫茶『らんぶる』でボリューム満点「卵&ツナサンド」を食べてきた

 昭和時代にたくさん誕生した名曲喫茶。1950年創業の『らんぶる』は、まさにその中心的な存在で、世代を問わずコアなファンを持つ老舗。現在の店長は重光康宏さんで、その重厚たる歴史を守り続けています。

 喫煙席となっている1階は20席で、一見こじんまりした喫茶店に思えますが、地下へ降りると、外からはイメージできないほど大きなフロアが出現! 赤いビロードのソファーや大きなシャンデリアにも目を奪われます。まるで昭和時代へタイムスリップしたような、琥珀色の世界が広がっていました。

昭和感たっぷり! 新宿の名曲喫茶『らんぶる』でボリューム満点「卵&ツナサンド」を食べてきた

 200席あるという地下フロアは上下2つに分かれていますが、断然最下のフロアがオススメです。2つのフロアを結ぶのがこの大階段。重厚な手すりと鮮やかなレッドカーペット、そして壁には木彫りのベートーベンの肖像画が掛かり、まるで異次元の世界へ来たよう。

 店内では音楽に聴き入る人や新聞や本を読む人、打ち合わせをしているビジネスマンなど、皆がそれぞれゆったりと過ごしています。早速朝食を兼ねてザ・喫茶店メニューから、“必食”と評判のロールパンサンドのセットを注文しました。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。