「助けて! 死ぬ!」と思わず連呼! 代々木『青とうがらし』の爆辛「ペペロンチーノ」のデス級の辛さが異常

「助けて! 死ぬ!」と思わず連呼! 代々木『青とうがらし』の爆辛「ペペロンチーノ」のデス級の辛さが異常

 先日、とあるスパゲティ屋さんで、思いもよらぬ激辛体験をしてしまいました。それは代々木にある、爆辛スパゲティ専門店 『青とうがらし』でのこと。通りかかった際に、「辛いスパゲティ専門店なんて珍しいな」と思ってジロジロ眺めていたのです。

「助けて! 死ぬ!」と思わず連呼! 代々木『青とうがらし』の爆辛「ペペロンチーノ」のデス級の辛さが異常

 店先の看板に「旨い、辛い、早い、安い、熱い」の5カ条宣言なるものがあって、実際、サンプルを覗いてみると、すべて550円。確かに安い。しかも、筆者は最近、四川料理韓国料理など辛い料理を食べる機会が多く、辛さへの耐久力に自信があったので挑戦してみようと思ったのです。

未体験の激辛っぷりに悶絶&絶望

「助けて! 死ぬ!」と思わず連呼! 代々木『青とうがらし』の爆辛「ペペロンチーノ」のデス級の辛さが異常

 入ってすぐに券売機があり、メニューは「青唐辛子ペペロンチーノ」、「青唐辛子ナポリタン」、「アラビアータ」、「四川麻婆」、「ミートカレー」、「辛子明太子」の6種類。さらに麺量・辛さ・トッピングを選ぶシステムです。ちなみに辛さは4段階で、爆普・辛・激辛(+30円)・爆辛(+50円)からチョイスします。

 初訪店で、辛さのレベルがわからないので、下から2番目か3番目の「辛」か「激辛」くらいで抑えておくべきところだったのですが、たまたま券売機の横のポップを見てしまったのが運のツキ。そこにはテレビ番組『嵐にしやがれ』で、「(俳優の)横浜流星さんと嵐が食べた青とうペペロンチーノ!!」という文字が踊っていたのです。

「助けて! 死ぬ!」と思わず連呼! 代々木『青とうがらし』の爆辛「ペペロンチーノ」のデス級の辛さが異常

 彼らがどのレベルの辛さを食べたのかをお店の方に聞いてみると「激辛」(+30円)だということが判明。ここで筆者は、なぜか横浜流星さんに勝とうと思い、その上の「爆辛」(+50円)に挑んだのです。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「四川料理 + 大阪」のおすすめ記事

「四川料理 + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「四川料理 + レシピ」のおすすめ記事

「四川料理 + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「沖縄料理」のニュース

次に読みたい関連記事「沖縄料理」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月5日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. 四川料理 レシピ
  2. 四川料理 名古屋
  3. 四川料理 大阪

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。