ラーメン官僚の2020年最注目店!『麺創庵砂田』(巣鴨)の「中華そば」とは?

ラーメン官僚の2020年最注目店!『麺創庵砂田』(巣鴨)の「中華そば」とは?

第二の人生をラーメンづくりに捧ぐ店主が繰り出す白河ラーメン

 JR巣鴨駅近傍は、東京の中心部を循環するJR山手線沿線に位置しながら、肩肘を張らない庶民的な街並みが広がる、下町情緒あふれるエリア。このため、同エリアは、かねてより「おばあちゃんの原宿」と呼ばれ、年配の方々や外国人観光客等、多くの人たちから親しまれてきた。

 なかでも、同エリアのホットスポットとして有名なのが「巣鴨地蔵通り商店街」。本年4月30日、日中を中心に多くの人々で賑わう、そんな「地蔵通り商店街」から少し逸れた路地沿いに、新たなラーメン店が産声を上げた。それが、今回ご紹介する『麺創庵 砂田』だ。

 同店を切り盛りする砂田店主は、齢50過ぎにして脱サラし、修業を経てラーメン職人へと転身した異色の経歴の持ち主。

ラーメン官僚の2020年最注目店!『麺創庵砂田』(巣鴨)の「中華そば」とは?

「10数年前、サラリーマン時代に口にした、濃厚魚介ラーメンの名店『瞠@池袋』の味に感銘を受け、ラーメンの虜になりました。それからですね。ラーメン職人になりたいと考えるようになったのは(※1)」。

 砂田氏が選んだ修業先は、『瞠』をプロデュースした渡辺樹庵氏(※2)率いる『渡なべスタイル』。日本でも有数のラーメンコンサルタント・渡辺氏の下で、ラーメン店を経営するために必要なオペレーションを2年間かけて徹底的に学び、今般、満を持して独立。

 そんな砂田店主が提供するのは、福島県・白河のご当地麺である『白河ラーメン』。

ラーメン官僚の2020年最注目店!『麺創庵砂田』(巣鴨)の「中華そば」とは?

「白河は、私の無二の親友が住む街。若い頃から何度も同地へと足を運び、白河ラーメンの味に親しんできました。私が、作り手として食べ手に提供していきたいのは、流行に左右されないスタンダードな中華そば。そう考えていくと、自ずと『白河ラーメンを出したい』という結論に行き着いたのです」。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「麺」のニュース

次に読みたい関連記事「麺」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「焼きそば」のニュース

次に読みたい関連記事「焼きそば」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月30日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. ラーメン レシピ

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。