10万台売れた大ヒット商品! 「バーミキュラ フライパン」は普通のフライパンとどこが違う?

10万台売れた大ヒット商品! 「バーミキュラ フライパン」は普通のフライパンとどこが違う?
       

 愛知ドビーの「バーミキュラ フライパン」は、2020年4月に発売され、発売から5か月で10万台が売れた大人気のフライパンです。26cmが税込1万6830円、24cm[深型]が税込み1万6280円と、フライパンとしては高価な部類にも関わらず、これだけ売れたのは驚きの事実。

「フライパンなんてどれも同じ」と考える人は多いかもしれませんが、実際に使ってみるとその差は歴然。筆者も普段は2000円くらいで買ったフライパンを長く使っているのですが、野菜炒め、チャーハン、ステーキを焼いてみて、まったくの別物であることがすぐわかりました。一体どんな違いがあるのか、ご紹介しましょう。

用途に合わせてサイズを選べる

10万台売れた大ヒット商品! 「バーミキュラ フライパン」は普通のフライパンとどこが違う?

 今回、筆者が使ったのは24cmの深型タイプ。ウッドハンドルの素材はオークかウォールナットかを選べるようになっており、自分好みのハンドルにできるというのが所有欲を満たしてくれます。

 別売りのフタは熱くなりにくいのが特徴。自立するので、立てて置けば調理中もキッチンで場所を取りません。

10万台売れた大ヒット商品! 「バーミキュラ フライパン」は普通のフライパンとどこが違う?

 バーミキュラ フライパンは鋳鉄×ホーローでできているので、ステンレスのフライパンに比べるとずっしり重みがあります。最初は「使いにくいかな?」と心配でしたが、使ってみるとあまり気にする必要はないことがわかりました。

 その理由は、フライパンを振る必要がないから。バーミキュラ フライパンは、水が馴染む特殊な性質の新開発のホーローと、蓄熱性の高い鋳鉄の組み合わせでできています。これにより食材から出る余分な水分をすばやく飛ばしてくれるので、鍋を振る必要がありません。もともと、ホーロー製品はぶつけることがNGなので、フライパンを振るのがクセになっていた人は使い方に気をつけましょう。


食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。