ラーメン官僚が推す超大型新店『中華そば ふるいち』の“クセになる”「中華そば」の魅力とは?

ラーメン官僚が推す超大型新店『中華そば ふるいち』の“クセになる”「中華そば」の魅力とは?
       

 東京都郊外の多摩エリアの西部に位置する羽村市。羽村市は、知名度が比較的高い(独断と偏見?)青梅市・福生市・あきる野市に囲まれた、都内の「市」の中では最も人口が少ない自治体。

 ですが、その割にラーメン専門店が充実し、かつ、クオリティが高い1杯を出す店舗が複数存在することで、少なくともラーメン好きからは熱視線が注がれているエリアです。

 2020年10月4日、そんな羽村市に、1軒の新店が誕生しました。そのお店の名は『中華そばふるいち』。店主は古屋倫太郎氏。同氏は、生まれも育ちも羽村市。

ラーメン官僚が推す超大型新店『中華そば ふるいち』の“クセになる”「中華そば」の魅力とは?

 白地に黒文字で『中華そばふるいち』の看板。看板の視認性は抜群なので、見過ごすことは、まずなさそうです。

 店舗は、コロナ禍により閉店した長浜豚骨ラーメン専門店『ラーメン五ノ神』の跡地。ちなみに同店は、羽村市のラーメン店の中でも人気があった店のひとつ。古屋店主もお気に入りとして足繁く訪問していたそうで、今般、同氏がこの場所での独立開業を決断したのは、『ラーメン五ノ神』に強い思い入れがあったことが大きな理由だったそうです。

 さて、古屋店主は、国分寺を拠点に、都内各地、大阪、海外(韓国のソウル、ベトナムのホーチミン)等に店舗を構える、多摩エリアのビッグネーム『ムタヒロ』のご出身。古屋氏は本店、二号店など、ムタヒログループの要となる店舗の店長を歴任してきたベテラン。『ムタヒロ』ファンの間では大変有名な作り手です。

 そんな方が、故郷に錦を飾る形で満を持して開業した『ふるいち』。話題とならないはずがなく、予想どおり、オープンから数日間は、修業元での八面六臂の活躍を知るマニアを中心に、店前に長蛇の列が連なったとのこと。


当時の記事を読む

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ラーメン」に関する記事

「ラーメン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラーメン」の記事

次に読みたい「ラーメン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. ラーメン レシピ

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。