累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた

累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた
拡大する(全10枚)

 賞味期限が長く、サラダや炒め物など使い道もいろいろあり、常備しておくと何かと便利なツナ缶。

 いつものツナ缶を買おうと向かった近所のスーパーで、見慣れないツナ缶を見つけました。その名は「めんツナかんかん」。明太子で有名な福岡の『ふくや』が販売する商品です。福岡出身のお笑い芸人の紹介を機に注目度が高まり、発売以来、累計販売数は600万超え、今も記録更新中のヒット商品なのです。

「レギュラー」、「辛口」、「プレミアム」の3タイプがあり、気になる筆者は全種コンプの大人買い。簡単レシピで食べ比べてみます。

常温で長期保存できる博多土産として大人気!

累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた

「めんツナかんかん」は、冷蔵品で賞味期限が短い明太子とは真逆で、賞味期限が長く、保存が利くお土産として2015年に誕生しました。

 ツナは口当たりが柔らかい国産のビンナガマグロを辛子明太子の漬け込み液に浸して作られているのですが、ラベルを見ると製造地は福岡ではなく静岡県。調べたところ、駿河湾に面した港町・由比に老舗の缶詰工場があり、そこが製造を引き受けているようです。

ピリッと辛く後味あっさりの「レギュラー」

累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた

 原料となるビンナガマグロは、その白っぽい肉質から「ホワイトミート」とも呼ばれ、実にソフトな食感で最高級の缶詰に用いられることが多いそう。

 まずは「レギュラー」から味わってみました。缶を開けてみると一般的なツナ缶よりフレークが大きめ。明太子の調味液に漬け込んであるので、鮭フレークのような色をしています。味見してみると意外に辛くない? と思いきや、後追いでピリッとした辛さ。油漬けに使用する大豆油は控えめで、ギトギトした感じがないのもいいですね。これだけで酒の肴にもなりそうです。


この記事の画像

「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像1 「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像2 「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像3 「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像4
「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像5 「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像6 「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像7 「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像8
「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像9 「累計販売数600万超! 博多土産の新定番『ふくや』の「めんツナかんかん」3種を食べ比べてみた」の画像10

あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「お土産」に関する記事

「お土産」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「お土産」の記事

次に読みたい「お土産」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク