家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった

家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった
拡大する(全14枚)

 人気スポットの中目黒と学芸大学の真ん中にある祐天寺駅。『来々軒』やもつ焼き『ばん』など、大人好みの名店もありつつ、ローカル感が漂う落ち着いた街の雰囲気が魅力です。

 祐天寺駅南改札を出て住宅街を300mほど行くと、手作りハム・ソーセージ工房『マルニハム』が見えてきます。本場ドイツで習得した製法に、創業当時から守り続ける独自製法を組み合わせ、日本人の舌に合うオリジナルのハムとソーセージを製造しています。

金曜には行列も必至!? 家族で丁寧に作り上げる唯一無二の存在

家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった

 1階が工房、2階が直売所で、開店時間に行くと比較的スムーズに買い物ができますが、茨城県の銘柄豚「ローズポーク」の精肉を販売する第2、第4金曜日は、行列ができるほど大盛況なのです。

家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった

 ショーケースに並ぶ商品は全て、午前中に1階の工房にて手作業で製造されます。作り手は富樫さん家族。合成保存料、着色料、防腐剤などの添加物を使用せず、アミノ酸もフリー。肉本来の美味しさを楽しめる仕上がりです。

家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった

 ソーセージは羊の天然腸にたっぷり詰めた後に、くるりとねじって成形。桜のチップを入れた燻製機からはすでに胃袋を刺激する良い香り! じっくりと燻したら完成です。

家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった

 創業は1990年ですが、直売所は2013年の東日本大震災をきっかけに「地元の人にも還元していきたい」という思いから始められたそうです。そのため、業務用で卸していた商品をほぼ同じ価格で販売。一番安価な「ヘルシーソーセージ」や「チョリソー」は、5本入りで118円(以下、全て税込)という驚異的な安さを誇ります。


この記事の画像

「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像1 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像2 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像3 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像4
「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像5 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像6 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像7 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像8
「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像9 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像10 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像11 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像12
「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像13 「家飲みに最高! ハム・ソーセージ直売所『マルニハム』(祐天寺)の「激安ソーセージ」が激旨だった」の画像14
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「肉料理」に関する記事

「肉料理」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「肉料理」の記事

次に読みたい「肉料理」の記事をもっと見る

グルメニュースランキング

グルメランキングをもっと見る
お買いものリンク