無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した
拡大する(全7枚)

 夏こそ辛いものを――というのはよく耳にする言葉ですが、これはあながちウソではなく、暑いときに辛いものを食べると発汗が促され、清涼感を覚えやすくなるんだそうです。

 そして最近は激辛ブームということもあり、容赦なく辛い料理が増加中なのは周知のとおり。しかし、いくら清涼感を覚えると言われても、クソ暑い日に激辛料理を食べるのはなかなか勇気のいることです。加えて、筆者は辛いものが苦手。激辛料理と言われるだけで、胸がドキドキしてきます。

 そんな中、つけ麺専門店『三田製麺所』に、激辛のつけ麺が登場したとのウワサが飛び込んできました。その名も「灼熱つけ麺」と「黄金灼熱つけ麺」。ネーミングからして、すでに口の中で辛味成分が湧き上がってくるよう。

 “灼熱”というパワーワードに好奇心までかき立てられた筆者、どんな辛さのつけ麺なのかを確かめるべく、勇気を振り絞って実際に食べてみたので、その灼熱具合をご紹介したいと思います。

灼熱パウダー&灼熱ラー油を使ったつけ汁とは?

無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した

 今回、向かったのは三田製麺所・池袋西口店。入店し、まずは「灼熱つけ麺」からいただきます。辛さは4段階の中から選べるようです。メニューには「1辛・2辛・3辛・極限」とあります。

 多くの方が「極限」を期待しているのは重々承知なのですが、前述の通り、激辛メニューについては初心者に近い筆者、いきなり口内が灼熱の炎で炎上して取材ができなくなると最悪なので、まずは小手調べとして「1辛」をオーダーしてみました。


この記事の画像

「無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した」の画像1 「無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した」の画像2 「無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した」の画像3 「無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した」の画像4
「無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した」の画像5 「無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した」の画像6 「無慈悲な激辛攻撃に耐えられるか? 辛いもの苦手なライターが『三田製麺所』の「灼熱つけ麺」を食べたら悶絶した」の画像7