日本郵便社員が封筒のクレカ抜き取り家具購入 被害総額100万円以上

日本郵便社員が封筒のクレカ抜き取り家具購入 被害総額100万円以上


 日本郵便の社員が郵便物の配達中に、他人名義のクレジットカードが入った封筒を横領したとして再逮捕されました。警視庁には被害の相談が複数寄せられていて、被害総額は少なくとも100万円に上るとみています。


 再逮捕されたのは、日本郵便の社員で、東京・北区の赤羽郵便局に勤務する阿部淳一容疑者(34)で、今年8月、30代の女性名義のクレジットカードが入った封筒を横領した疑いが持たれています。警視庁によりますと、阿部容疑者は女性名義のクレジットカードで家具を購入したとして、詐欺の疑いで逮捕・起訴されています。


 阿部容疑者は郵便物を配達中に女性のアパートの郵便受けに封筒を投函せず、クレジットカードを抜き出していて、容疑を認めているということです。警視庁には同様の被害相談が複数寄せられていて、被害総額は少なくとも100万円に上るとみられています。(25日11:45)

編集部おすすめ

あわせて読みたい

TBS NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク