ロッカー型の店舗?ロッカーだらけの店舗?新ビジネス続々

今日のテーマはズバリ、「今、ロッカーがアツい!」です。外出先で荷物を預けたりできるあの「ロッカー」を活用した新しいビジネスが、続々と登場しているんです。6月20日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で取材報告しました。

まずはロッカーがなんとそのままお店になった、その名も「ポップアップボックス」運営する、株式会社カウンターワークスの小笠原大輔さんに詳しく聞きました。

★ロッカー型ポップアップストア!?

ロッカー型の店舗?ロッカーだらけの店舗?新ビジネス続々

◆株式会社カウンターワークス 小笠原大輔さん:「今回、品川駅と新宿駅の駅構内に、ロッカー型のポップアップの店舗をやらせて頂いております。今回狭い所を有効活用できないかとJRとお話をする中で、小さいスペースとなるとテーブルや什器を置くことができなくなってしまうので、どうしようかという中で、「そういえば駅といえばロッカーだよね」というアイデアから、ロッカー型で作ってみますか?というアイデアが出てきて、奥行も60センチしかないという所を工夫してやらせて頂いてます。今回商品群で、冷蔵冷凍しなければならないものがありましたので、その薄い中でも冷凍冷蔵のものを使って売るという所がポイントかなと思ってます。」

駅のホームから階段を上がった所から、改札を出るまでの間のデッドスペースに、高さ1.8m、横2.2m、奥行60㎝のロッカーサイズの棚を2つ並べるような形でこじんまりと出店しています。駅ナカでよく見かける出店と比べるとかなりコンパクトですよね。しかもプリンやアイス用の冷蔵庫・冷凍庫も棚の中に納まるようになっています。さらにお店がコンパクトなだけあって、準備や片付けもそんなに時間がかからないので、店員さんも1人か2人いれば十分と、人員の削減にもつながるというスグレモノなんです。この「ポップアップボックス」出店する側にとってのメリットを、再びカウンターワークスの小笠原さんに聞きました。


あわせて読みたい

TBSラジオの記事をもっと見る 2019年6月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。