それはホクロじゃないかも。間違えやすい「皮膚がん」

それはホクロじゃないかも。間違えやすい「皮膚がん」

ホクロかな、と放置していたら、皮膚がん。それも進行してしまった・・・そういう怖い皮膚がんがあります。

6月24日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、この「ホクロと間違えやすい皮膚がん」について取り上げました。

★ホクロと間違えやすい皮膚がん2つ

まず、ホクロと間違えやすい皮膚がんとは何か。それは主に2つあります。

  • 「メラノーマ」。日本名では悪性黒色腫=悪性の黒い色の腫瘍と書きます。
  • 「基底細胞がん」。基礎の底辺の細胞がんと書きます。
  • 今回は、この「メラノーマ」と「基底細胞がん」それぞれを見ていきます。

    ★メラノーマとホクロは似ている?

    まずメラノーマですが、こちらは、別名「ホクロのがん」と呼ばれるほど、ホクロと紛らわしいものとして有名ながんです。

    では、なぜホクロと間違えてしまうのか。

    メラノーマは、紫外線から体を守るメラニンという黒い色素を作り出す細胞ががん化した物。そしてホクロも、このメラニンが集まった黒い部分ですので、見た目はかなり似ています。

    加えてメラノーマは、痛いなどの自覚症状がありません。そのため、皮膚に黒い点があって、少し大きくなってきても、「ホクロが年とともに少し大きくなってきたな」というくらいに思って、放って置かれる方が多いようです。まさか病気、それもがんとは思わないわけです。

    ★メラノーマは転移しやすい

    ただ、このメラノーマは、非常に転移しやすいがんで、ホクロと間違えて発見が遅れるのは文字通り致命的となります。メラノーマは日本では年間4千人程度が罹りますが、死亡者は7百人で、割合は大きいです。


    あわせて読みたい

    TBSラジオの記事をもっと見る 2019年6月25日の芸能総合記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    芸能総合ニュースアクセスランキング

    芸能総合ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。