なぜ梅雨明けは遅れた?今年が猛暑になる理由【気象予報士・増田雅昭解説】

なぜ梅雨明けは遅れた?今年が猛暑になる理由【気象予報士・増田雅昭解説】
       

TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」月~金曜日の11時から放送中!

毎月最初の月曜日は、天気が好きすぎる気象予報士・増田雅昭さんがご出演!今日のテーマは、「今年の夏の暑さはどうなる?!」そして「この夏おすすめの自由研究」でした。

なぜ梅雨明けが遅れた?

梅雨明けは各地で遅れました。今年は統計史上初めて7月に1つも台風ができませんでしたが、それとも関連しているんです。台風ができるくらい熱帯の海で雲が次々発生すると、強い上昇気流が起きます。その上昇した空気は隣にある夏の太平洋高気圧に下降して、高気圧を強めるんです。ビニールプールをふくらます時のイメージですね。空気入れが台風で、ビニールプールが太平洋高気圧です。上空で台風から空気が太平洋高気圧に送られ、高気圧がどんどん大きくなって日本を覆い、梅雨明けに近づくのですが、今年はそれがなかったんです。

この夏は猛暑になる!その理由は・・・

月は不順でした。冷夏なのかと思いきや・・・8月は暑くなります!!まずは「西暦下一桁0(ゼロ)のジンクス」。下一桁が0の年は猛暑が続いてるんです。2010年・2000年・1990年と猛暑!なので、今年も猛暑が来る!あくまでもジンクスでしょ?!そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが・・・ジンクスはひとまず横に置くとして、、、本当に猛暑になりそうなんです!梅雨明けと同時に、台風が3号・4号と発生し、夏の天気の形になってきたんです。今後は太平洋高気圧が強まって、晴れ続きで、日に日に気温が高くなっていきます。例年は7月の終わり~8月はじめが暑さのピークですが、今年は遅れてきます。お盆すぎまで厳しい暑さで、特に10日すぎは東京でも35℃前後の日が続きそうです。実は、今年と似ている年があるんです。2007年。この年の7月は雨の日が多く、冷夏傾向でした。関東地方の梅雨明けも、今年と同じ8月1日。ところが、8月は晴れ続きで、日に日に暑くなり、とうとうお盆過ぎの16日には、74年ぶりに当時の国内最高気温を更新!埼玉県の熊谷と岐阜県の多治見で40.9度!今年も8月なかばにかけて暑くなりそうです。しかも、マスクをしていますし、本当に危険だと思います。


TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。