ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン
拡大する(全7枚)

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で8時20分頃から放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは、「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」

担当:崎山敏也

担当の崎山記者が、時々行っていた、池袋駅の西口、在日ミャンマー人がオーナーの激安居酒屋「希望の星」。そのお店の場所が2021年6月に、ミャンマーの料理を中心に出す「Spring Revolution Restaurant」としてオープンしました。池袋駅西口からすぐの雑居ビルの3階。お店に入ってみると、壁際には民主化運動を行ってる人達への応援メッセージを書いて貼るボードや、ミャンマーが色々な民族であることを示す絵が描いてあるエコバッグとかのハンドメイドの物など、グッズなども売ってます。

ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への...の画像はこちら >>

ミャンマーで、軍によるクーデターが起きたのは2021年の2月。現地では、選挙で選ばれた政権をひっくり返した軍の行動に対し、抗議する活動が続いている。そのため、軍に拘束されたり、仕事を失ったり、暮らしている地域から避難するなどして、収入が無くなり、生活が苦しくなる人が増えています。

このレストランの開業を呼びかけた、レーレーウィンさんに話を聞くと、レーさんたち在日ミャンマー人は、クーデターが起きた2月以来、自分の収入をほとんど寄付したり、街頭で募金活動を行って、現地の人たちの支援に充てていました。ただ、そういう活動では限界があると感じ、レストランを開業して、収益を支援に充てようと考えたということです。


この記事の画像

「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」の画像1 「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」の画像2 「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」の画像3 「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」の画像4
「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」の画像5 「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」の画像6 「ミャンマー料理を味わうことが、軍のクーデターへの抵抗運動への支援や知ることにつながる、池袋のレストラン」の画像7