真冬のハイキングの楽しみ方inカナディアンロッキー

真冬のハイキングの楽しみ方inカナディアンロッキー


今冬はエルニーニョ現象の影響でカルガリー近辺は、ここかしこで「この冬はあったかいねぇ」という声が聞こえてきます。とはいえここはカナダ。暖かいといっても日中の気温は0℃を上回らない日がほとんどです。

冬は家に閉じこもりがちですが、思い切って真冬のハイキングなんていかがでしょう。寒いし、雪だらけだし、目的地まで行けないし。でも日にちと条件を組み合わせれば夏には見れない素晴らしい景色が待っています。

真冬のハイキングの楽しみ方inカナディアンロッキー


真冬のハイキングに出かける前に、まず天気予報をチェックしましょう。今日暖かくいい天気だったとしても明日極寒の雪なんてこともしばしば。必ず雪ではない日を選びましょう。冬の運転に自信のない人は雪が止んで3日くらいは避けた方がいいでしょう。3日もすれば幹線道路の雪はなくなることが多いです。

気温もマイナス10度を下回るとしっかりとスノーパンツにスノージャケット、ウインターブーツを履かないと厳しいです。薄着で行って寒くてしんどかったなんて嫌ですよね。できれば気温がプラスの日を選びます。カルガリー、バンフはシヌックという山からの偏西風が定期的に吹くため気温がプラスになる日も多いのです。

そして何と言っても晴れの日。気温が低くても太陽の光を浴びるだけで暖かく感じます。そしてなにより景色がきれいです。カルガリーはカナダでも年間通して日照時間が一番長い都市の一つです。

真冬のハイキングの楽しみ方inカナディアンロッキー


真冬のハイキングの楽しみ方inカナディアンロッキー


もちろん無理は禁物です。何らかの理由で少しでも不安があったら計画を中止するのも勇気です。特にキャンモア、バンフ以西のカナディアンロッキーでは目的地までの道が坂道やカーブの連続だったりします。また凍っていると思って歩いた川や湖の氷が割れる場合もあります。上の2枚の写真は夏と冬に同じ場所を撮りました。夏の写真を見るとここには流れの速い川が流れています。場所によっては雪崩の起きる危険もありますので事前の情報収集も大事です。

真冬のハイキングの楽しみ方inカナディアンロッキー


好条件が整ったら真冬のハイキングに出かけてみましょう。なかなか見れない景色が待っています。ちなみの上の写真は私が夏にこのコラムでリポートしたジョンストン峡谷のローアーフォールズ。滝のほとんどが凍っていて時が止まっているみたいです。

もっと大きな写真を見たい方はこちら

あわせて読みたい

旅いさらの記事をもっと見る 2016年1月18日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら