台北の3大パワースポット 保安宮・行天宮・龍山寺

台北の3大パワースポット 保安宮・行天宮・龍山寺


台北市内には、パワースポットと呼ばれる場所がいくつかある。中でも有名なのが、保安宮・行天宮・龍山寺の3大パワースポットだ。

台北の3大パワースポット 保安宮・行天宮・龍山寺


保安宮は、正式名を「大龍峒保安宮」といい、中国福建省から移住した人々が保生大帝という神を祭るため1830年に完成した寺院である。保生大帝とは、呉偉本という実在の名医を神格化した神様で、病気回復、健康長寿を祈れば効果絶大と言われている。

台北の3大パワースポット 保安宮・行天宮・龍山寺


保安宮本殿、実に均整のとれた堂々とした建築物である。

台北の3大パワースポット 保安宮・行天宮・龍山寺


本殿の正面に、龍が巻き付いた八角の石柱(八角蟠龍幨柱(はっかくはんりゅうたんちゅう))がある。外側の2本は創建当初のもので、真ん中の2本は日本統治時代の1918年(大正7年)に追加された。いずれも、見事な石の彫刻で一見の価値がある。

台北の3大パワースポット 保安宮・行天宮・龍山寺


保安宮でもうひとつ注目すべきは、陶器で作られた屋根の上の飾りである。こういった装飾は、台湾にある中国寺院ではよく見られるが保安宮のものは特に立派である。龍は鱗一枚一枚丁寧に作られており、上の方の人物群像は一人一人の表情まで細かく作られている。肉眼ではなかなか細かいところまで見えないが、写真に撮って拡大してみるとよくわかる。

台北の3大パワースポット 保安宮・行天宮・龍山寺


門の扉には、見事な一対の扉絵が描かれている。保安宮は、中心に本殿があり、その周りを、この門から境内を取り囲むように回殿が巡らされている。回殿に沿って11の小部屋があり、ここにも様々な神々が祀られている。

あわせて読みたい

旅いさらの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「絶景」のニュース

次に読みたい関連記事「絶景」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月30日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。