台北でマンゴーかき氷を食べる。どのお店が一番!?

台北でマンゴーかき氷を食べる。どのお店が一番!?
       


台北での一番の楽しみはやっぱりグルメ。小龍包をはじめ、いろいろありますが今回はマンゴーかき氷にスポットをあてます。最近では、日本に進出するお店も出ています。ガイドブックなどにも紹介されている、台北の人気かき氷店のうち代表的なお店4軒のマンゴーかき氷を食べ比べてみました。人によって好みもあると思いますが、あえて個人的な好みも交えつつご紹介してまいります。

まず1件目は、「アイスモンスター」のマンゴーかき氷です。表参道に日本1号店がオープンし長蛇の列ができたというニュースを今年の4月にテレビで見ました。氷はマンゴー味が付いたスノーアイスです。マンゴー、マンゴーシャーベット、ミルク味のパンナコッタが添えられています。写真では、マンゴーが少ないように見えますが、氷の下にたくさん埋まっています。マンゴーには、マンゴーピューレがたっぷりかかっています。比較的甘さ控えめで酸味がやや強い感じです。値段は220台湾ドル(約900円)です。

台北でマンゴーかき氷を食べる。どのお店が一番!?


続いて、マンゴーチャチャです。「元カレ」というメニューです。こちらも氷に味が付いていますが、かなり甘いです。切ったものを急速冷凍して高雄から運んでいるというマンゴーは、解凍した感じがあまりなく、とてもおいしいです。マシュマロがトッピングされています。値段は、250台湾ドル(約1,000円)です。
日本にも原宿と有楽町にお店があります。

台北でマンゴーかき氷を食べる。どのお店が一番!?


永康街にある思慕昔(スムーシー)のマンゴーかき氷です。こちらは上にパンナコッタがトッピングされていますが、マンゴーアイスがトッピングされているものもあります。ここの特徴は氷です。薄い層のようになったミルク味の氷はふわふわでとても口どけがよく、食べても頭が痛くなりません。パンナコッタも、この氷によく合います。マンゴーは半分凍っています。練乳とマンゴーピューレがかかっており、全体的によくまとまっている感じです。個人的には、マンゴーは凍っていない方が、いいと思うのですが、いかがでしょうか?値段は、180台湾ドル(約750円)です。

あわせて読みたい

旅いさらの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月29日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。