この夏、パリにいながらにして、ラスコー壁画を鑑賞しよう!

この夏、パリにいながらにして、ラスコー壁画を鑑賞しよう!


「ラスコー」というと、世界史の教科書を思い出す人も多いのでは?
先史時代の美しい壁画で知られるラスコーの洞窟。見学者の増加で傷みが進んだため、1963年には見学禁止となりましたが、一部のレプリカが、1983年洞窟のすぐ側に「ラスコー2」としてオープンし、今もドルドーニュ県で一番の集客力を誇っています。
しかしながら、最寄の町モンティニャック(Montignac)は、パリから500キロメートル南方にあるので、なかなか簡単に足を運べる場所ではありません。

そのラスコー洞窟を再現する展覧会が、今パリで開催中です。
行かない手はありません。

もう「ラスコー2」なら見たよ、という方!ここで読むのをやめてはいけません。
そういう方も、間違いなく楽しめること請け合いだからです。

というのは、この展覧会「ラスコー3」と銘打たれているように、「ラスコー2」では見られない部分の新しいレプリカを多く含むものなのです。

この夏、パリにいながらにして、ラスコー壁画を鑑賞しよう!


1940年に偶然このラスコーの洞窟を発見した子供たちは、この生き生きとした動物の絵を見るなり、原始の魂が乗り移ったかのように、手足が動き、歌い踊らずにはいられなかったと言います。

この夏、パリにいながらにして、ラスコー壁画を鑑賞しよう!


この「ラスコー3」展覧会は、3D映画上映や、マルチメディアを駆使したインタラクティヴな展示が特徴となっています。また、人の吐く息や、人体の発する熱がどのくらい洞窟に悪影響を及ぼすかも、光や緑の煙で見られるようになっており、なぜ洞窟見学が禁止されたのか納得させられます。...続きを読む

あわせて読みたい

旅いさらの記事をもっと見る 2015年6月16日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。