【NY】春の訪れを占う、グラウンドホッグ・デイ(Groundhog Day)

ニューヨークの冬は辛くて長い。特にこの冬は氷点下16度にもなり、1896年以来の厳寒だそうです。1月下旬の天気予報を見てもは遠そうですが、今年の春はいつやって来るのでしょうか?

【NY】春の訪れを占う、グラウンドホッグ・デイ(Groundhog Day)


© 2014 The New York Times Company

日本では節分の日にあたる2月2日は、北米、カナダでは、リスに似たグラウンドホッグという動物を使って春の訪れを予想するグラウンドホッグ・デイ(Groundhog Day)です。
「グラウンドホッグは2月2日に冬眠から覚めるが、外に出て自分の影を見ると、驚いて巣穴に戻ってしまう」とされており、春の到来時期が以下のように占われます。

影(天気)→グラウンドホッグの行動→結果
あり(晴)→影を見て驚き、冬眠していた巣穴に引き返す→「あと6週間はまだまだ冬」
なし(曇あるいは悪天候)→影を見ず、そのまま外へ出る→「今年の春はすぐそこ!」

アメリカ ペンシルバニア州(Pennsylvania)のパンクサトーニー(Punxsutawney)行われるグラウンドホッグ・デイは、2014年で128周年目。

人口6,000人程の小さな町に、2月2日は世界中から数万人の報道陣や観光客が集まり、正装したメンバーが、グラウンドホッグ「フィル」の今年のお告げを伺います。

【NY】春の訪れを占う、グラウンドホッグ・デイ(Groundhog Day)


© 1996-2014 National Geographic Society

ニューヨークでは、スタテン・アイランド動物園(Staten Island Zoo) にいるグラウンドホッグ「チャック」が占います。

【NY】春の訪れを占う、グラウンドホッグ・デイ(Groundhog Day)


©Staten Island Zoo

2013年末までニューヨーク市長だったブルームバーグ氏に抱かれた「チャック」。

【NY】春の訪れを占う、グラウンドホッグ・デイ(Groundhog Day)


© 2013 SILive.com

2月2日は、グラウンドホッグが話題を独占します。ニューヨーカーは、春を待ち焦がれていますが、2014年ペンシルバニア「フィル」、ニューヨーク「チャック」両者はどんな予想をしてくれるでしょうか。

【NY】春の訪れを占う、グラウンドホッグ・デイ(Groundhog Day)


© NYDailyNews

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ニューヨーク お土産
  2. ニューヨーク 観光
TABIZINEの記事をもっと見る 2014年1月29日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ニューヨーク + 観光」のおすすめ記事

「ニューヨーク + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

「ニューヨーク + お土産」のおすすめ記事

「ニューヨーク + お土産」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。