【インタビュー】友達を訪ねる感覚で来てほしい/台北市政府観光局 李佾璇氏

以前、TABIZINEでご紹介した、台北友町で行われたキャンペーン「松尾芭蕉の台北風景」。

台北情景を詠んだ俳句を応募すると、“台北−日本 往復航空券”が当たるかも?!という何ともふとっぱらな内容。500人を超える応募に5万人以上の方からの投票参加と、大変盛り上がりを見せたこのキャンペーン。先日(11月16日)ついに、優秀賞が発表されました!

977票獲得「なつかしき 日本の面影 けぶる北投」(スイミーさん)

【インタビュー】友達を訪ねる感覚で来てほしい/台北市政府観光局 李佾璇氏


台北市北投区にある温泉街は、今でも日本統治の面影が残っている場所。温泉からたちのぼる湯けむりに懐かしさを感じる・・・情緒あふれる素敵な句ですね。

北投温泉は、そのバリエーションの豊かな泉質から観光客にも大人気。中心地からも地下鉄で気軽にアクセスできるので、台北を訪れた際は足を運んでみてください。

さて、ここからが本題です!
今回のキャンペーンをきっかけに、台北市政府観光局の方のお話を伺う機会をいただきました。

台北の観光スポットや、お気に入りの過ごし方・・・台北を訪れたことがある方も、まだ魅力を知らない方も、必見の内容です!

【TABIZINEインタビューVol.15 台北市政府観光伝播局 李佾璇氏】
【インタビュー】友達を訪ねる感覚で来てほしい/台北市政府観光局 李佾璇氏


お話を伺ったのは、台北市政府観光伝播局 観光発展科 チーフ 李佾璇(リー・イーシュアン)さん。
台北を深く、身近に感じてほしい
―今回、日本で台北を紹介するキャンペーン(台北友町)を実施した経緯を教えてください。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2015年11月26日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。