変換プラグ不要!?【日本と同じプラグ受け】が一般的な国リスト

海外では、日本から持ち込んだ家電や電子機器の差し込みプラグと、現地のプラグ受けの形が一致しないケースが少なくありません。

事前に確認しないと、せっかく持ち込んだのに電源が取れないなんて話にもなってしまいますが、中には日本と全く同じ形のプラグ受けが現地で使われているケースもあります。

変換プラグ不要!?【日本と同じプラグ受け】が一般的な国リスト


そこで今回は筆者が愛用する井筒製作所の変換アダプターに同封された「世界電気事情地域別一覧表」や、旅行ガイドブックなどを参考に、日本と全く同じ形のプラグ受けがある国をまとめたいと思います。


Aタイプのプラグ受けしか存在しない国は?
変換プラグ不要!?【日本と同じプラグ受け】が一般的な国リスト


日本のプラグの種類は、Aタイプと言われています。細長い切れ目が縦に2本並んでいるパターンですね。

このAタイプはAmerican Typeと言われていますので、手元の一覧表を見るとやはり北アメリカと中南米で採用している国が多いと分かります。その中でも日本のように、Aタイプのプラグ受けしか国内で使われていない国は、

・アメリカ(ハワイグアム、サイパンも含む)

・コロンビア

・ベネズエラ

になります。電圧はアメリカが120V、コロンビアが120/150V、ベネズエラが120Vとなっています。日本は100Vですね。

例えば筆者のパソコンを見ると、海外使用対応品で100V-240Vで使えると書かれています。そうなると変圧器も不要。アメリカやコロンビア、ベネズエラなどでは、日本の自宅で使う感覚で、現地でも自分のパソコンを使えるのですね。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2017年7月29日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。