機内で1人は被害者に!?「ロスト・バゲージ」の対処法と防止策



全日本空輸の公式ホームページ上に公開されたコンテンツ「チェックインから始まる、手荷物の長い旅」を見ても、航空会社のグランドスタッフがどれだけ細やかに受託手荷物を取り扱っているかが分かります。

各社ともに最新のテクノロジーとアナログなスタッフの心遣いによって、ロスト・バゲージを防ぐ努力をしてくれているのですね。

ただ、それでも乗客200人に1個程度の頻度でロスト・バゲージは発生しています。中長距離の中型機に乗れば、乗客の誰かがロスト・バゲージに遭うといったイメージ。決して他人事ではないと肝に銘じておきたいです。



以上、ロスト・バゲージに遭った際の対処法をまとめましたが、いかがでしたか? 芸術作品など、補償の上限を超えるような高額な荷物を預け入れなければいけないときは、自分で保険に入るなどして対応した方がいいかもしれませんね。

機内で1人は被害者に!?「ロスト・バゲージ」の対処法と防止策


[Baggage Report 2017 - SITA]
[All Photos by shutterstock.com]

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年5月17日のトラベル記事
「機内で1人は被害者に!?「ロスト・バゲージ」の対処法と防止策」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    荷物は乗り継ぎの際になくなる可能性が高いので、評判の悪い空港で乗り継ぎをしない。乗り継ぎ時間に余裕を持たせるなどの対策をしています。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。