また帰ってきたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」

また帰ってきたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」


東京から南へ178km。そこには伊豆七島ひとつ神津島があります。奇岩や断崖絶壁、日本一に選ばれたこともある透明度バツグンの、砂漠や池がある豊かな情景の天上山・・・。散策すればするほど神津島の持つ神秘性に魅せられていきます。いにしえに、7人の神々が集まり伊豆諸島を創造したという伝説が残っているのも納得です。今回は、そんな美しい離島、神津島を現地リポート。

神津島へはどうやって行く?アクセス方法は3つ
また帰ってきたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」


神津島へのアクセス方法は3つあります。一つ目は、東海汽船の大型客船に乗り、12時間かけて行く方法です。この方法だと、22時に竹芝客船ターミナルを出航し、翌朝10時に神津島に到着します(5月現在)。

二つ目の方法は、東海汽船のジェット船で行く方法です。この方法なら、竹芝客船ターミナルから神津島まで、4時間(平日は3時間45分)で到着します。

しかし、移動時間をできるだけ短くしたいのなら、調布空港から新中央航空の飛行機で神津島へ行くことも可能。片道大人15,300円と割高ですが、45分で神津島に到着しますよ。

【神津島までの移動費】
大型客船::片道6,340円(2等)
ジェット船:片道9,770円
飛行機:15,300円(往復27,800円)
なお、大型客船とジェット船は3日前までにインターネット予約すると繁忙期15パーセント、通常期20パーセント割引で乗船できます。割引について詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年5月30日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。